スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個性を出すって、変わったことをすることではないと思う

お正月も3日目。大雪の地方もあるようですが、札幌は穏やかな天候が続いています。

今年の私のテーマは、

生まれて初めてのことに挑戦する !
楽しむ! 


です。

新しいことにたくさん挑戦しようと思っています。

サッポロファクトリー

映画を観終わって外に出たら、札幌ファクトリーのライトアップが始まっていました。
元旦に映画を見たのも、生まれて初めて!ベイマックスのやさしさに心が洗われました。



何のためにホームページを使いますか?

ホームページやブログ、facebookで情報発信すると、
何だかよさそうだ。

新規事業の鍵は、ホームページとfacebookだ。

そのような情報をキャッチして、
はりきって成功された方々の話を聞いてみたら、

「自分にはムリ、うちの会社ではできない」

と、思ってしまう方もいらっしゃるようです。

毎日情報発信をし続け、
自分の写真も掲載し、
ときにはかぶりものや奇抜な恰好をしてみたり、

その勢いに押され、自分のプライベートを公開するのに躊躇し、
ムリとあきらめてしまうんですね。

こんなときは、本質に戻ってみましょう。

「何のためにホームページを活用したいですか?」

おそらく、企業であれば、売り上げもしくは利益を伸ばすためですね。

情報発信して成功している方々も、
この目的のためにいろいろ工夫されているのであって、
その中で試行錯誤をしながら、
自分の形を見つけられたのです。

試行錯誤の中で成功された方法を、
形だけ真似しようとしても、
それは自分の企業の成功には結びつかないんです。

もちろん、行動が大事ですので、
情報発信の極意をさぐるために、成功されている方の手法を
忠実に真似してみることは大事ですよ。

どんどん真似して、やってみることもひとつの方法。

でも、あきらめたうえに、
「あんなのばかばかしい」と批判しだすならば、
目的を見失ったと思うのです。
「売上や利益を伸ばす」ことはできません。

個性の時代、個を出す時代と言われていますが、
派手なことをおもしろおかしくしていることが、
個性ではないと私は思うのですね。

派手なことをおもしろおかしくすることだけが個性だったら、
それではみんなと同じということになってしまいます。

ホームページやfacebookを集客に使おうと思ったら、
情報を発信し続けることが鉄則ですので、
自分や自社でできることは何なのか考えてみましょう。


どのようにお客様に覚えてほしいですか?

派手なことをおもしろおかしく表現することも、
覚悟がいることです。
目立つということは批判を受けやすいですし、
ばかにされたり、あからさまに嫌われたりします。
それでも、目的があってそのように情報発信し続けている方々を
私は尊敬しています。

そのような表現方法で、お客様に覚えてもらい、
喜んでもらうことに徹しているからです。

では、あなたはどのような形で、みんなに覚えてもらいたいですか?

自分の顔を出したくなければ、
出さない方法で覚えてもらうことを考えてみましょう。
ビジネス上のキャラクターを作ってみてもよいですしね。

facebookでプライベートなことを出したくなければ、
自分の業界のプロとして、徹底的に専門的な情報を書いてみるとか、

毎日書くことがないと思ったら、
月に何回なら書けるのか考えてみるとか、

事例が公開できなければ、
業界の事例を自分なりに分析してブログに書いてみるとか、

何かよいアイディアがあるはずです。

真面目であることもひとつの個性ですしね。

あなたがどんな人なのか、
あなたの会社がどんな会社なのか、
あなたの商品がどのようなものなのか、

お客様にどのように覚えてもらいたいかで、
自分たちならば、どのように情報発信したらよいのか方法がみつかるはずです。


方法論ばかり探さないで、行動してみる

ブログはもう効果がないよ。
SEOはもう古い。
ソーシャルメディアを使えば、ホームページはいらないよ。
facebookの効果ももうすぐ終わるよ。

本当にそうでしょうか?

私はどの方法も徹底的に突き詰めて取り組んでみると、
必ず結果がでると思っています。

どの方法を選んでもいいし、
全部やってみるのもいい。
あるいはインターネットを使わないで、集客すると決めてもよい。

でも、何かを伝えないと、
お客様はあなたやあなたの会社のことはわからないんですね。

そして、伝えるときには、あなたらしく・あなたの会社らしく伝える必要があるんです。

無理していては続かないし、お客様とよい関係も作れないです。
信頼にも結びつかないと思います。

きっと、自分らしく表現する方法がみつかったとき、
それで成果が出てきたときに、
情報発信も楽しくなると思うんです。

自分らしく表現する方法ってどうやってみつけるのさーと
言われるかしれません。
それは、私もわかりません。
自分らしいって・うちの会社の個性って何だろうと問いかけ続けて、
答えをみつけていくしかないと。。。

コンサルタントは、「このような表現はどうでしょう」と提案はできますが、
納得していただけないと、この提案はボツになりますしね。
  
情報発信を始めるころは慣れていないので、めんどくさかったり、
ついつい忘れてしまうこともあって、
エネルギーが必要です。

でも、やってみる価値はありますよ!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。