スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページを圧倒的にする仕掛け人 さおりん 2014年の私的10大ニュース

大晦日、自宅でのんびりとお正月用の料理をしていました。
自分の好みで調味料を加減しながら、
自由に作るっていいですね。

2014年ももうすぐ終わりです。

今年は私にとって大きなことが起きました。
「自分に本当に大切なものを選んでね。
 感謝を忘れずに過ごしてね。
 やさしい人になってね。
 自分を支えている食べ物やものを大切にしてね」
そう言われているように思います。

すべて受け止めます。

そんな私の2014年私的10大ニュースをまとめます。

レポーター

1. 仕事を1か月お休みしたこと

7月初めに入院をして手術、20日後に退院。
退院後は1週間静養していました。
この間、やさしく待っていただいたお客様には感謝いたします。
ありがとうございました。

体調を崩したことで、普通に過ごせる時間が奇跡の連続のようなものと
気づくことができました。
よい仕事をするためにも、命の尊さや人間は支え合わないと生きられないという
人生の本質を改めて実感できたのはプラスになったと思います。

余談ですが、

本当は6月に手術をする予定でしたが、、、

エクスペリエンスマーケテイングの藤村先生のセミナーが
6月30日にあったので、どうしてもこのセミナーに参加したくて、
1週間予定を伸ばしました(^^ゞ

エクスマの仲間はやさしくて、
私が入院することをすぐに藤村先生にも伝えてくれたんです。
帰りに藤村先生にサインとメッセージをいただき、
不安になったり、苦しいときに何度も先生のメッセージを読んでいました。

藤村先生

サインをいただいた手帳を持参していたのに、
実際に見ていたのは、iPhoneに保存したこの写真です。


2. 菊水に引っ越ししました

WEBサクセスの制作スタッフは新札幌の事務所で仕事をしていましたが、
2014年4月から菊水の親会社(正文舎)の事務所に引っ越ししました。

お客様の要望にあった販促物を提案したい。
印刷側のスタッフと同じ場所で仕事をすることで、
ご提案の幅も広げていけると確信しています。

現在、各種スマホ、タブレット、PCのほか、
オンデマンド印刷機、CTPに囲まれて仕事をしています。

情報発信基地みたいでおもしろい場所になっていますよ。


3. ハッピートークトレーナーになりました

ハッピートークを企業研修としたのが2013年の春。
その後、勉強を続けた社員とふたりでハッピートークトレーナーになりました。

会社も個人の人生も、いろんなことが起きます。
そのときに、どのように思うか。どのようにとらえるか。

それは言葉で決まると思います。

極力、よい言葉を選んで使っていくと、
物事を必要以上に悲観的にとらえることがなくなるように思います。

手術後のふらふらなときにも、
プラスの言葉で話すことで、身体の回復の助けになったと思っています。


4. 「意識する」ことの大切さを学んだこと

習慣形成コンサルタントのナニメンさんが主宰する、
喜働力塾に参加しました。

8月の末から始まったことの塾には、
当時就職活動で行き詰っていた娘に勧めていただいたのですが、
私もしっかり参加しました~(^^ゞ

喜働力塾
http://www.simpletask.co.jp/seminar/happy.html

大きな学びは、「意識する」ということ。
何気なく過ごすのではなく、これをしてみよう、こうしてみようと
強く意識することで、習慣や思考も変わってきます。

ちょうど、仕事に復帰したばかり。
4月から体制も変わっており、身体が復調しないまま新しいことをする
苦しさもあったので、ひとつのことを意識することで精神的にラクになりました。

「意識する」ことで心も変わります。


5. 同友会の新年交礼会で司会をしたこと

今年初めの新年交礼会で、司会を担当いたしました。
私でよいのか迷いましたが、引き受けさせていただきました。

司会をしました

ハッピートークで発声練習や滑舌をよくする特訓をしていたので、
準備ができていたのかもしれません。
大きな会場で話をする貴重な機会でした。

小さなことから、行動を起こそう ~ 同友会新年交礼会
http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-entry-935.html


6.札幌商工会議所の冊子のコラムを担当しました

2月から4月まで、
札幌商工会議所から発行されている「さっぽろ経済」の
「専門家からの提案書」というコラムを担当しました。

企業でホームページを活用するためのヒントになることを意識して、
下記の3つを取り上げてみました。

・もったいなホームページにならないために、
・ホームページの成功ポイント、
・ホームページの成功事例
を取り上げました。

商工会議所様の許可を得て、PDFファイル化してあります。

こちらからお読みください。

・2月号
http://www.websuccess.jp/images/sapporo-keizai02.pdf
・3月号
http://www.websuccess.jp/images/sapporo-keizai03.pdf
・4月号
http://www.websuccess.jp/images/sapporo-keizai04.pdf


7. 同友会白石厚別地区会の総会で講演したこと

4月には白石厚別地区会の総会で、講演いたしました。
諸先輩の中で、
なぜ私が同友会活動をしているのか、
なぜいま経営者としているのかを話すのはプレッシャーでしたが、
迷ったときには難しい方を選択するという主義ですので、
担当させていただくことにしました。

最後にホームページの活用方法を少しお話しさせていただき、
みなさまのWeb集客のヒントになるとよいなと思いました。


8. 娘の就職が決まったこと

2013年1く2月から始まったわが子の就職活動。
何度も何度も落ちて、苦労していました。

経営者としては、あなたのここが落とされても仕方がところなのと思う半面、
母としては、こんなによい子なのに落とすなんて見る目がないわねと思ったり、、、

就職活動には一切口を出さないできましたが、
さすがに落ち続けているとはらはらしました。
これはいよいよになったら、うちの会社で働いてもらうかと頭をよぎりました。
娘もよぎったそうです(^^ゞ

内定の電話をもらったときは泣いちゃったと話す娘を見て、
自分の力で職をみつけたことを誇りに思います。

9. 食生活を変えました

2013年の11月に作った宝地図には、
みずみずしい野菜や料理のシーンの写真が貼ってあります。

この頃から食事を改善しなければと考えていたのですが、
その後の仕事の忙しさについつい後回しになっていました。

8月以降、私の食生活はがらっと変わり、
自分で用意をするようになりました。
しかも、インスタント製品は極力使わない生活をしています。
これは、自分でもすごいと思います。

10. アメリカ旅行

5月にアメリカ合衆国で行われた国際会議に出席しました。
ニューヨークからフィラデルフィアを旅してきました。

会議では、アメリカ合衆国のほか、
エルサルバドル、メキシコ、イギリス、オランダ、スウェーデン、デンマーク、
イスラエル、バスク地方などの国から参加していました。

アメリカ合衆国は移民の国ですから、
出身国にすると、ロシア、台湾、スロバキア、タンザニアなどたくさんの人種がいましたよ。

私が出会った人でとくに印象に残っている人はふたり。

ひとりはアフリカ系のアメリカ人で、
自分は奴隷の家系出身で、そのことに誇りを持っていると話していた人です。
彼女は日本人の私に近づいてきて、
「アメリカ人が日本に原爆を落としたことを申し訳なく思っている」と
話してくれました。
こういう人もいるんだなと、少しびっくりしました。

もうひとりは、エルサルバドルから来た女性です。
彼女はゲリラでアメリカ軍と戦争をしていた人です。
彼女は「アメリカ」という国はない。
「アメリカ」は大陸の名前で、南アメリカもあると話してくれました。
この話をしているときは、とても厳しい顔をしていましたので、
怖い人なのかなぁと勝手に思っていました。

その後、英語を話さないバスク地方から来た人とコミュニーションをとるときに、
彼女がずっと通訳をしてくれて、やさしい人なんだとわかりました。

バスク地方はスペインの領土にあります。
彼らは民族の言葉をとても大切にしているので、バスク語を使います。
それでも生活で必要になるので、スペイン語も話します。

エルサルバドル人の彼女はスペイン語も英語も使うので、
私とバスクの人の間で、スペイン語と英語の通訳をしてくれたのです。

世界は広くて、人間は多様で価値観も多様。
でも、幸せを望むこと、協力し合いたいことなどは世界で共通であることを
実感できました。

======

いろんなことがあった1年でした。

病気に関しては、「これで済んでよかった」とプラスに思い、
よりよく生きるための経験だったと思います。

2014年もありがとうございました。
そして、2015年もよろしくお願いします。

2015年も、にこにこ笑顔で全力を尽くします!
関連記事
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。