スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の人生のプロデュース

■ 思い通りに人生は作られる

私の人生は私の思いのまま

8月の後半は、この言葉は本当なんだと実感できる日が続きました。

7月の手術から退院以降、私は今後自分がどうしていきたいのか、迷う日が続いていました。

今後、私はどのように生きるのか、
私の選択次第で大きく変わってしまうようなテーマがあって、
すごく迷っていました。

決断をしなければならないのに、迷いに迷って決められないのです。

そういうときは決めないでおいて、

「あなたはよりよく生きるために、何を選択しますか?」

と問いかけ続けようと思いました。問題を保留にしたのです。

関係者には、

「私は8月いっぱい、うだうだ迷い続けて決めない。
 9月にはすっぱり決めて行動します。」

と宣言しました。

そうしてきっちり8月31日の今日、
私は自分の選択を信じて生きる。そのために、自分の決めたことを淡々とする。
そう思えました。

宣言通りになりました。

その間に、いろいろな情報を集めたり、本を読んだりしていました。
人に会ったり、スカイプで話したりしました。

それで、心が決まっていったのです。

自分がこうしたいんだと心が動いたとき、
必要な情報が得られたし、応援者も現れました。

また、決められないときは、あきらめるということも覚えました。
ひとつをあきらめることで、もうひとつに専念することができるからです。

今回のこの感覚を忘れないで、これからの人生を生きていきたいと思います。


■ 自分の選択を確信できたセミナーふたつ

決断したもののどこかで躊躇があったのですが、
この週末のふたつのセミナーで、背中をぽんと押してくれたような感じになりました。

ひとつは、イー・ウーマンの佐々木かをりさんの「時間管理」のセミナーです。

佐々木かをりさんは、私が勝手に決めているメンターのおひとりです。
女性で仕事を続ける、子どもを育てながら働く、女性の声を社会に届けるという姿勢は
子どもが小さな頃から励みになっていました。

「時間管理」の目的は、自分を思い通りに動かすこと。

遊びたいときに遊び、
仕事をしたいときに仕事をし、
眠りたいときに眠ることができるようにすること。

とてもシンプルでいいなと思います。

自分の人生の中では、自分が主人公。
その主人公を動かす脚本を書くのも自分。

あなたはどんな脚本を書きますか?

そんな問いかけで、こうなりたいという自分のイメージが描けました。

佐々木かをりさん

※ セミナーのあと、一緒にお食事をする機会がありまた!


もうひとつは、8月から10月まである喜働力塾での学びです。

こちらも大きなくくりでは、
「自分の人生をどのように生きるか」がテーマの勉強会です。

会社を経営するのも、自分の人生も、
まずは自分がどうなりたいか意識することが大切。
自分の思いで人生は作られるということです。

だから、本気で意識してやってみると、そこから人生が変わっていくそうです。

そのためには、人に期待せずに淡々と自分の決めたことをしていくことがポイントとなります。

大きなことをする前に、
目の前のことを心をこめてやる、
できることを一生懸命することが大切。

このような話を効いていて、

私は自分の決めたことを達成するために、
自分で決めたことをやり続けることに専念しようと思えました。

喜働力塾
※ 本日のテキストです。

大きなことを決めるとき、すぱっと決められればよいのですが、
ムリに決めなくても、問い続ければ答えはでます。

悩むならば、いつまで悩むのか決めて、
その間に自分の望むことを探し続ければよい結果になると思います。

明日から9月ですね。

決断ができたので、9月は行動の月です。

動くことで何が生まれてくるのか楽しみです。
関連記事
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。