スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを戦略的に使いたいと思ったら読む本

インターネットを使って、本気でビジネスしたい。
インターネットでの販売を事業のもうひとつの柱にしたい。

本気でそう思うならば、情報発信力を磨きましょう

業者にホームページを作ってもらって終わりというよき時代は、
過ぎ去りまりした。

■発信力を磨くにはブログが一番

インターネットの世界は、基本的に文章で情報を伝達します。
ですから、理解しやすく、人の心を動かすような文章を書くことが必要です。

そんなこと言われても、難しい。。。

そう感じる方はたくさんいらっしゃると思います。

でも、ここで躊躇していては、インターネットで売り上げを伸ばすことはできません。

とにかく、書いてみましよう。

何事も練習が大切です


■ブログを書くと決めたら読む本

そうは言っても、ブログを書くには、考えをまとめることを必要ですし、
文章を書く時間も必要で、そうカンタンではないですよね。

さらに、ブログを書くという行動は、基本的に自分一人の行動。
強い意志がないとくじけそうになります。

そんなあなたにおススメの本があります。

プロのブロガー、つまりブログを書いて生計を立てている、
イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」です。

武器としての書く技術

"ウェブ時代を生き抜くための「新時代の書く技術」教えます"

と書かれているだけあって、効果のでるブログを書き続けるためのヒントが満載です。


■「備忘録」から始めるブログ

ブログには、読者の役立つ情報、自社や自分が持つ専門知識・ノウハウを書くのがよいと言われています。

ですが、取り組み始めたばかりの頃は、結構ハードルが高いことです。

イケダハヤトさんは、「まずは『備忘録』でもいいから書いてみよう」と提案されています。
p.242

=====

本の中で気になったセンテンス、受講したセミナー、刺激を受けた話などを、
ブログという空間の中に蓄積し、いつでも引き出しを出せるようにしておくのです。

====

これなら、できそうな感じがしませんか?

私もブログを書く頻度を増やせそうな気持になってきました。

備忘録を書くときには「自分の意見」も同時に記録するのも大切。
そうこの本は教えてくます。

ブログを書くといいと言っても、ただ工夫もなく書いているとやっぱり効果はありません。
どのように書くといいのか。
イケダハヤトさんのノウハウが満載のこの本、今度の連休に読んで研究してみませんか?


武器としての書く技術 (中経出版)武器としての書く技術 (中経出版)
(2013/06/27)
イケダ ハヤト

商品詳細を見る

関連記事
Category: 読書日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。