スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いはホームページに反映する

反応のあるホームページにしたい。


ホームページを作ろうと思ったら、みなさまそう期待されると思います。

では、みなさまにとって「反応のある」とは、具体的にどんなことでしょうか?


ホームページでどのようなことが起こったら、反応があると思えますか?

どのような状態になったら、御社の成功ですか?


この質問の答えを深めていくことが大事だと、私は思います。


  • 資料請求のメールが月に○○○通届くようにしたい

  • ホームページ経由の売上を、月商○○○万円にしたい

  • ホームページを見て、お店に来る人を今の○倍にしたい

  • ページビューを、月間○○○○○ビューにしたい

  • お問い合わせ数を、月に○○件にしたい

  • とにかく、検索順位を1位にしたい



  • いろいろな成功があります。

    どこを目指すのか、まずはそれが見えていないと、
    反応がほしいと思っても、なかなかそのようになりません。

    目指す方向によって、ホームページを見てくれた人にしてほしいことも違いますから。

    また、ホームページができたあとのみなさんの行動も違ってくると思います。


    「費用をかけないで、会社案内程度でいい」と思ったら、
    公開後は、ホームページに気をかけないかもしれません。

    そうなると、おのずとホームページは会社案内程度のものになっていきます。


    「月商○○○万円にしたいんです」と思ったら、
    ホームページからお問い合わせが何件あって、受注に何件結び付いたか確認する必要があり、
    達成していなければどうするか対策を考える必要があります。

    そうなると、月商○○○万円になるまで行動し続けます。


    まずは、具体的にどうなったら自社のホームページは成功なのか、
    考えてみませんか?

    私の役割は、お客様が決めた目標にどうしたら到達できるか、
    一緒に考えてアイディアを出し、施策をすること。


    Web業界のこと、
    お客様の業界のこと、
    販売促進のこと、
    お客様の潜在的な要望を形にすること、
    段取りのこと

    私が学ぶべきものはたくさんあります。

    また、一社では難しいことは、専門家の方々との連携も必要です。

    一日、一日大切にして、全力を尽くします。

    エイエイo(・c_,・`o(-c_,-`o(・c_,・`o(-c_,-` )ノ"オー!!!

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。