スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しかったのは、あなたの商品ではないかも

モノ」を売るな!
体験」を売れ!


という言葉、ご存知ですか?

お客様に、購入後の「ライフスタイル」を気づかせてあげる。
お客様に、買った後に手に入る価値に気づかせてあげる。
マーケテイングには、「体験を売る」という発想が大事。

と、エクスペリエンス・マーケテイングを提唱している
藤村先生が書いた本のタイトルです。

※ 以降、エクスペリエンス・マーケティングは、「エクスマ」と書きます。


私は最近、自分の行動が「体験が欲しかった」と気づくことがありました。


「あっ、私はジャケットが欲しかったわけではなくて、

 自信をつけたかったんだ。」


そう思ったのです。

それは、

先日書いた北海道中小企業家同友会の新年交礼会の司会に決まったときのこと。

司会を担当された方々は、どうやらみなさん服装を工夫しているということを知りました。

すごくあせったんです。

「何を着たらいいの?」


それで、服を探しに行くことにしました。

この時点は、服を買うというところまでは決めていましたが、

どこで何を買うまでは決めていません。


結局、11月に受けたファッションのコーチングのときに買った
スカートのブランドのお店に行くことにしました。

そこなら、私のイメージに合う洋服があるはず。

そう思いました。


お店では、新年会をキーワードに、
店員さんのアドバイスを受けながら、
洋服を探しましたよ。


洋服を探す


場にふさわしいものであれば、
ワンピースでもよいし、ジャケットでもいい。

とにかく、
マイクを持っても何かを気にしなくてもよくて、
場にふさわしい洋服はないかな。

そう思っていました。

結局、ジャケットとブラウスを組み合わせるという
無難な選択に落ち着きました。

これなら、あとでの着回しもきく!

新年交礼会が終わったあとに、気が付きました。

私は司会を自信を持ってできるようになるため、
いろいろな気持ちの支えが欲しかったんだと。

・練習もした。
・洋服も考えた。
・髪の毛にも気を配った。

とにかく、考えられることは全部準備した。

だから、きっとできるよ。

そう自分に言いたかったんですね。

実際に買ったのはジャケットでした。

ジャケットが欲しかったというよりも、

私は自分に自信をつけたいと思ったんだな。

そう思いました。


モノじゃなくて、購入後に手に入れられる気持ちが大事だったんです。


自分の行動に気づいて、エクスマを
より深めようと思ったのでした。



やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!
(2012/09/27)
藤村 正宏

商品詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。