スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の売上がほしいなら、ソーシャルメディアをやっている場合じゃない

「結果がすぐに欲しい。ブログやソーシャルメディアで広告すればよいですか?」

とか、

「事業を軌道にすぐに乗せたい。ブログを書いて効果はありますか?」

とか、

ご質問を受けることがあります。

私は下記のように答えます。

「ブログやソーシャルメディアでは難しいです。

 すぐに売上が欲しいならば、既存顧客を回るか飛び込み営業する方が結果はでます。」


仕事にブログやソーシャルメディアを使う目的は、

お客様によい情報を提供し、

提供続けることによって徐々に「お客様とよい関係」を作ることだと思います。


これは、私の大好きな師匠である、

エクスマ塾の藤村先生も書いています。

●フェイスブックは、即効性を期待してはいけない
http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-11005054131.html

このブログ記事の下記の部分は、

ソーシャルメディアで広報するための成功のヒケツです。

要するに、すぐには結果がでないから、

続けるしかないということ。

ツイッター、ブログ、Facebookなどのソーシャルメディアの目的は「潜在顧客」との「関係作り」だからです。
それにはとっても有効なツールです。
そして、ここが一番重要なところなのですが、「関係性」を作るには、一朝一夕はでは作れないということ。
時間がかかるんです。
中長期的な目で見て、お客さまとの関係を作っていく。
カンタンにいえば、それが目的です。



ソーシャルメディアに求める目的が、

自分の商品や物を売ることか、

自分の専門分野の情報を発信して、誰かの役に立つことかで、

行動が違ってきます。


物を売ることが目的になっていたら、

ソーシャルメディアで何カ月か結果がでなければ、

効果がないと止めてしまうのではないかと思います。



お役立ちが目的になっていたら、

とくに仕事に結びつかなくても、

役立つことを続けられるのではないでしょうか。


情報発信を続けた結果、

自分の考え方や仕事に対する姿勢に共感してくださった方と、

関係性ができて、その中でタイミングがあって仕事に結び付いくのです。


すぐに商品を売らないと困るような状況なら、

ソーシャルメディアに景色やご飯の写真をアップしている場合じゃなくて、

既存のお客様リストを作って、すぐに訪問する方がよい。

私はそう思います。




関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。