スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行列のできるホームページにするには (1) 絞る・耕す

お問い合わせが来るホームページにするには、何が必要でしょう

それは、

どんなことでお問い合わせをしてほしいのか、

決めることです。



カンタンです。



でも、決めていないホームページが多いんですよ。


たとえば、Web会社の場合でいうと、

 ・ホームページデザイン

 ・HTMLコーディング

 ・ CMS構築

 ・Webシステム開発

 ・オンラインショップ構築

 ・SEO(検索エンジン対策)


できることは、いろいろあります。


その中でも、どんなことが得意で、

どのような会社にするのか考えていないと、

「ホームページを作ます」

と、漠然と伝えることしかできません。


そうすると、お客さんも「あぁ、ホームページね」という反応で終わってしまいます。


「反応がないホームページはもったいない!!

 ホームページアドバイザーと一緒に、売れるホームページに変えませんか?」

とか言われると、「おっ?」と心に引っ掛かるのではないかなと思います。


そうして、

昨年、新しく作ったホームページが、

一年後に目標の月商○○○万円を

コンスタントに稼ぐホームページになりました。


その成功ポイントは、3つあります。

と、言われると何だか気になってきますよね。


上記は、WEBサクセスのことを紹介するときの例です。


WEBサクセスも、

ホームページのデザインもHTMLコーディングも当然できるし、

その分野でも一流になりたいと思っています。


でも、お客様にとっては、それは当たり前のこと。

その技術を使って、何をするのかということが大事だと思います。


作った以上、稼げるホームページにすることも当たり前なのですが、

ホームページを育てるには時間が必要です。

ホームページの更新は目に見えた効果はあまりないので、

モチベーションも落ちてしまいがち。


毎月ミーティングをすることで、モチベーションを保ちつつ、

お客様と一緒にホームページを育てて、目標達成をしていくというのが、

私の与えられた役割と思っています。

ですので、私自身が会社の広報するときは、Web技術のことはあまり触れません。


このように、自分の業務の中でも、

得意なこと、これから伸ばしていきたいことに絞ることが

大切です。


強みを見つけて、それをテーマにホームページの記事を書きためるのです。


キーワードは、


見つけて、耕す


耕す



私のお客様で起業1年半たち、

ホームページからのお問い合わせで業績が安定してきた方がいらっしゃいます。


その方とは、どのような言葉で検索されたいか、

どのような見せ方をするか話し合ってきました。

そうして、同業他社のホームページを見比べて、

困っているお客様はいるけれど、

どこもその問題を解決する提案をしていませんでした。

ですので、その問題に特化したランディングページを作ったんです。

そうすること約半年。

2カ月目から、新規のお問い合わせがくるようになりました。


具体的なホームページは、今のところお知らせできないのですが。。。


他社がやっていないことを、

勇気をもって情報公開した。


これが、コツなんです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。