スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webの力を総合的に引き出すには

今日は、Web業界のイベント CSS Nite in Sapporoに参加しました。

http://cssnite-sapporo.jp/

今回のテーマは「いま必要なSEO」で、5人の方のセッション(講演)と
トークセッションがありました。


SEOは重要な施策ではあるけれど、

Webサイトを読む読者や、発注していただくお客様を大切にしたSEOを考えないと逆効果だなと、

お話を聞きながら、しみじみ思いました。


検索エンジンの検索結果画面に自分のWebサイトが上位にされた方が、

Webサイトを見つけてもらう確率が高まります。

ですから、Webサイトを公開する以上、上位表示はされた方がよいのです。


だからといって、Googleのガイドラインから外れた施策をしてしまうと、

検索エンジンから追放されるというリスクが生じます。


だから、

何のためにWebサイトを作るのかその目的を明確にし、

その目的を数値で判断するための計測を行い、

日々、ホームページを更新し、

計測結果を見ながら、コンテンツなどを修正していく。

これがWebサイトの力を総合的に引き出すコツだと私は思います。


印象に残っているセッションのテーマは、

「ひとりでもできる、理想のSEO」です。

講演した辻 正浩さんのSEOへの情熱と、その成果が素晴らしいと思いました。


理想のSEOのためには、

・Webのなんでも屋であること

・お客様と密接につながって、ある程度自由にWebサイトを編集できるくらいの信頼を得ること

・SEOの書籍を一冊徹底的に読み込んで、基礎知識を得ること

上記3つが必要ということでした。


なんでも屋というのは、

SEOだけ、制作だけ担当するというのではなく、

Webサイトの設計から関わり、デザイン、コーディング、マーケテイングなど

Webサイトに総合的にかかわるという意味です。

WEBサクセスは、

Webサイトの企画設計からデザインからコーディング、CMS適用など制作全般から、

その後の効果測定、集客コンサルティングまで行う会社です。

総合的にWebサイトに関われるのはプラスなんだと聞いて、

励みになりました。


休み時間に、辻さんとお話しする機会があり、

順位が徐々に下がっているWebサイトは、コンテンツ(文章)が足りないことが多いという

ことも聞きました。


SEOのためにも、Webサイトに掲載する文章は考え抜いて書かなければならないのです。


本日学んだことは、ブログ、facebook、打ち合わせなどで、

Web業界以外の方にもお伝えしようと思いました。

お客様と考えを共有するためにも、業界の動向はいつもチェックしておく必要がありますね。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。