スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを営業ツールにしたいなら

◆なぜブログを書くのか

これからは、ホームページで売上を伸ばしたいんです

このような話をいただいて、

「情報を拡散させるために、ブログを書いてみましょう」

とご提案すると、急にテンションが下がる方がいらっしゃいます。

「よくある手法を言っているだけ」

と酷評されてしまったこともあります 


ですが、ブログに限らず、インターネットの世界では、

情報発信をし続けることが基本。

情報同士がリンクし合っていて、そのリンクをたどってお客様はやってくるわけです。


ですから、自分たちで情報を発信できるツールは持っていた方がよい。

情報が爆発的に増えている現在、

いろいろな角度から、お客様との出会いの接点を増やすことが大切です。

ブログは情報が積み重なっていきますから、検索エンジンとの親和性も高いツールです。

ブログがよいと言われている理由はここにあります。

なぜなら、新しい出会いは検索エンジンから始まることも多いからです。



◆ブログを書くためにも、営業や集客の勉強は必要

さて、ブログを書くことに決まった。

そうしたら、まずは続けましょう。

さらに、書いている内容が興味深いことが必要です。

ブログを営業ツールにしたいと思ったら、

自分がお客様に営業するように情報発信する必要があるのですね。

お客様は、専門的な情報だったり、役立つ情報だったら興味を持ってくれますね。

そして、信頼してくださったら、どんな人なのか興味を持ってくれます。

そして、人間性を知ってもらえたら、少し近づいてくれるように思うのです。

信頼できる営業の方って、

いざというときに頼りになって、でも自分都合で買ってと言わない人で、

たまに、自分の話もしてくれる人だと思うのですよ。

たとえば、お客様の趣味嗜好やライフスタイルを聞いて商品を提案するとしましょう。

お客様だけが自分のプライバシーを明かして、あなたのことを全然知らない状況だと

リラックスできないですよね。

私なら、そうです。

だから、自分のことも少し話をして、「私はこんな人です」とオープンにする必要があると思います。

ブログでも、そのようなことを心がけると、

ファンになってくださる方もいると思います。

営業に使うのですから、営業マインド、集客マインドは学ぶ必要があります。

それを文章で伝えるのです。

=====================

◆誰が言うのか、自分のメディア力が問題

山田ズーニーさんの「話すチカラをつくる本」に、

話が伝わらないのは、あなたのメディア力が落ちているからという文があります。

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
(2007/03)
山田 ズーニー

商品詳細を見る


「ブログが大事」と私が言っても伝わらないのは、

私の問題だなと振り返っています。

どのように伝えると心に響くのか、

修行の日々です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。