スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章を書かねばならない人におススメ!

ホームページ、ブログ、facebookなどのソーシャルメディア、メルマガ。

すべて、文章が命。

お客様との関係作りのため、インターネットを活用しようと思ったら、
文章をたくさん書く必要がありますね。

もともと、書くことが好きな方は、情報発信もすんなり始められますが、

あまり書く機会がなかった、
書くことは大嫌い
何を書いていいのかわからない

という方にとっては、苦痛な時代かもしれません。

今回のご紹介する本は、
書くことがいやでいやでたまらない方には
読むのも苦痛かもしれません。

でも、書くことが好きだし、今も書いているけれど、

本当にこの文章でお客様を呼べるかな、
共感してもらえるかな

もっと、わかりやすく書くにはどうしたらよいかな

と思っている方にはお勧めの本です。

●伝わる・揺さぶる!文章を書く
伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
(2001/11)
山田 ズーニー

商品詳細を見る


書くために、何をどう考えていくのか
「第2章 7つの要件の思考」では、

書き手の根本にある想いまで掘り下げて、
「自分の想いに忠実な文章」を書く大切さを教えてくれます。

この章に書かれていることが理解できると、
伝えたいことを、誤解なく伝えられるようになると思います。

ホームページを営業ツール、集客ツールにしようと思ったら、
読んでくださる人を説得し、次の行動をしてもらう必要があります。

何をしてほしいのか明確にし、
どうすればその行動ができるのか教えてあげるのですね。

そのためには、自分が何をこれから書くのか
自分でちゃんとわかっていることが大事です。

この本を何度もくり返し読んで、自分の文章を振り返っています。

読書中
関連記事
Category: 読書日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。