スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売り上げを伸ばす理由、説明できますか?

大荒れ、強風の3月2日。
悪天候にもめげず、正文舎、WEBサクセス、メディアリュウムのグループ会社では
経営幹部、経理が集まって経営計画の勉強会を行いました。

売り上げ計画、行動計画を立てることはみんな立てるけれど、

そもそも、何のために行わなければならないのか、
その本質をしっかり掴むための勉強会です。


講師はグループトップの岸。

「経営者、経営幹部に話をする。
 つまらないと感じたら、途中で帰っていい」

という声に、周囲の空気が張り詰めます。

日本経済の流れ、これからの動向、把握しておくべき指標の説明のあと、

マネジメントチームとは何か、何をすべきなのか図にして説明がありました。

その後は、直近の決算書をもとに、利益計画のシミュレーションです。

「売り上げを伸ばそう。おー!!」

という掛け声だけで終わらせないために、

そして、本当にこの売り上げが達成できる体制なのか考えるために、

シミュレーションをしていきます。

貸借対照表と損益計算書のしくみを理解するため、
今回はエクセルなど使用せず、すべて手計算で行います。

3月2日せみなー

計算の苦手な私は、少しでも明るい材料を持ち込もうと、
オレンジの計算機を持ち込みました。

この計算をしてみると、なぜ売り上げを伸ばさないとならないのか、
理論的にわかるようになります。

理論的にわかるということは、社員にも説明しやすくなります。

「売り上げ伸ばすためにがんばりましょう」
「これ以上、無理です」

というような、感覚的で不毛なやりとりはなくなります。

よい会社づくりには、数字に基づく科学的な計画も必要です。

「計算が目的ではなく、
 結果に基づいて、何をすべきか考えるのが目的だから」

岸の締めの言葉を忘れず、次の行動を決めようと思います。

教科書

※ 勉強会が終わった後、渡された資料です。
  よいと言われたことはすぐ実行が今年のテーマなので、
  こちらも勉強します。
関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。