FC2ブログ

ホームページの「ゴール」は何ですか?

ホームページは魔法のツールではないけれど、

ときどき、魔法みたいなことを起こしてくれます。

例を上げますと

・ 訪問したわけではないのに、問い合わせをいただいたいて、すぐに仕事が決まった

・ 普通に考えたら、銀行口座を開いてくれないような企業と取引が始まった

・ 理想のお客様から引き合いがくるようになった

いろいろなことが起こります。

では、この魔法みたいなことを起こすにはどうしたらよいでしょう。

答えは、とてもシンプル。

ホームページのゴールを決めましょう。


結果だけ考えたら、魔法のみたいなことが起こっていますが、

ゴールを決めて、魔法を起こそうとそこに向かって努力したから、

望む結果が手に入ったわけです。

過程も含めて考えたら、それはごくごく当然のことです。


・問い合わせをいただいて、すぐに仕事が決まった

これは、私たちがセミナーのお仕事をいただくときによくあることです。

「Web集客 セミナー」「Webセミナー 講師」などで検索して、
WEBサクセスのホームページを見て、お問い合わせをいただくパターンが多いです。

私たちのページには、過去の実績や受講していただいたお客様のリンク集を載せています。

●Webセミナー
http://www.xmediacom.jp/seminar/

●セミナー実績
http://www.websuccess.jp/bussiness/webseminarrecords.html

問い合わせをいただきたいから、問い合わせをした方が信頼し、興味を持っていただける情報は何か。
それを考えていました。

そうして、実績や内容、お客様の声を定期的に更新し続け、
告知するようになって、徐々に北海道でWebセミナーをお考えの方に、
情報が届くようになったと思います。


・普通に考えたら、銀行口座を開いてくれないような企業と取引が始まった

みなさんは、どんなときにホームページを検索しますか?

困りごとがあったり、わからないことがあったりするときではないでしょうか。

ホームページは、問題があって探している方が多いのです。

ですから、困っているときは解決してくれる会社だったら、
会社の規模を問うことはあまりないように思います。

自分たちの会社が解決できることをホームページに掲載する。
これが必要です。

大手のお客様から引き合いがほしいと思ったら、
デザインの品質は少し上げた方がいいかなとか、
過去に大手に営業した時に言われたことをホームページに掲載するとか、
大手のお客様に響くことを考え、それをホームページに反映します。

私たちは、日本で知らない人が少ないという大手企業様と仕事をしたことがあります。

そのときは、お客様がある問題を抱え、困ってホームページを検索され、
お問い合わせをいただきました。

あとで聞くと、検索時には5社くらいに絞り、
私たちが5番目というか、候補の中では最後の会社だったようです。
先に問い合わせた会社に全部断られて、
私たちが仕事を受注できたようです。

何が起こるかわかりません。


・ 理想のお客様から引き合いがくるようになった

自分たちはどんなお客様に、一番よいサービスを提供できるか徹底的に考え、
そのお客様にだけ響く言葉、興味を持ってもらえる内容、実例をホームページに掲載したら、
このように結果なったという、事例です。

私が担当させていただいたお客様の例です。
ホームページを作る前に、お客様の声を集めるところから始め、
自分たちのできることと照らし合わせて、情報を吟味しました。


人生の夢を達成するためには、

理想の自分をイメージし、現在の自分とどのくらいのギャップがあるか確認する。

そして、このギャップを埋めるには、どうしたらよいか考えて行動し、

ときどき成果を振り返ると思います。


ホームページも同じです。

やはり、ホームページを使って何をしたいのか、どうなればよいのかをイメージし、

現在の出発点とどのくらいの差があるか確認する。

そして、理想形に向かって、どうすれば実現できるか考えて、

掲載する内容、使う写真、デザインを決めることから始め、

アクセス解析をしながら、理想に近づくために何をすべきか考えて実行することが必要です。


魔法のように、杖を振ったらすぐに実現するわけではないけれど、

着実に実行すれば、魔法のようなことが起こると私は思うのです。


ゴール

どこに向かって走っていくのか、ゴールを決める。

私はお客様と一緒に、ゴールに向かって走るような、そんなWeb会社にしたいと思っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する