スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸のイメージでご縁をつなぐ

今日は、北海道中小企業家同友会 女性経営者部会から生まれた

有限責任事業組合「家ねっと」の全体会議でした。

「安心して暮らせる家づくり応援隊」である家ねっとは、

家を作りたい人と、家づくりの専門家の橋渡しをして、

コミュニケーションを十分にとりながら、家づくりのお手伝いをする団体です。

メンバーは、建物検査会社、建築会社、不動産仲介、インテリアコーディネート、

行政書士事務所、販売促進会社が集まり、家づくり、お客様のことを勉強しています。


女性経営者部会で家ねっとの構想を聞いたとき、

おもしろそう

と思った私は、「家」については素人ですが、 広報はできるということで参加の立候補をしたのです!!


異業種連携は、なかなかうまくいかないと言われていますが、

忌憚なく意見をいい、ビジネスを進めるルールを明確に決め、そのルールを守ることさえできれば、

とてもいい仕事の方法だと思っています。

普段は知ることができない、他社さまのノウハウを一部共有できたり、

知らない世界を知ることができます。


同じ会社ではない、でもひとつの企業体の形に属している「仲間」ができたこと、

とてもうれしく思っています。


私は机上の勉強だけでは限界があり、

人との出会いが知識や人間性を深めていくと思っています。

ですから、同友会をはじめ、印刷組合やWeb業界の集まり、

自分が興味がある勉強会に参加してみるようにしています。


その中で私が願っているのは、

「私と知り合ってよかったな」と少しでも思ってもらえたらいいなということ。



ですから、わからないことは素直に教えていただいたり、

逆に私ができること、教えられることは惜しみなく提供していこうと思います。


イメージは、「吸って吐いて、吸って吐いて」という呼吸。


たとえば、私の場合は

経営、法律、コミュニケーション、Web・印刷・販促業界の最先端情報などを吸収しながら、

インターネットの活用、文章執筆、取材、メンタルヘルスの問題、愛嬌(?)などを

提供していく循環を作りたいのです。


意識すると、「仲間」はいつもそばにいると気づきますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。