スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界をつけないリーダーになるために

組織は、その組織を率いるリーダーの個性に影響されると思います。

私が「心の師匠」と思っている人から教えてもらったことは、

リーダーの限界がその組織の限界

だから、リーダーは常に自分と向き合い、

限界なく考え行動しなければならない


ということ。


人の前に立ち話をしたり、自分の考えで組織の方向性を決めるということは、

勇気が必要ですよね。

自分の考えに共感してもらえなかったり、

返事だけはいいけれど、なかなか実行されなかったりすると、

自分が悪いのかと落ち込んだり、

周囲に迎合して、自分で考えることを放棄しそうになることもあります。


そんなことがあったとしても、

組織のトップに立ったならば、何度も振り返りを行いながら、

妥協しないで進むということが大切なんだなと思います。


会社で考えるならば、

売り上げ目標を達成し、利益を出そう

とか言っているのに、肝心のリーダーが自分の目標にむかって努力し、

目標をクリアしていかなければ、説得力がないですね。


けれども、ときどき弱気になることもあります。

そんなときに、助け合える仲間が必要だと思います。

「リーダーは孤独」と言われますが、

本当に孤独な人が、チームを引っ張ることはできないと私は思うのです。

人と人とがつながることの大切さを知らない人は、リーダーの準備ができていない。


だから、私はいろんな助け合いのチームを作っていきたいと思っています。

 ・精神面で支えあえる人、

 ・経営のことを何でも話し合える人、

 ・ビジネスのアイディアを共有できる人

 ・一緒にいて楽しい人

 ・リーダーと一緒に歩んでいこうと決断してくれる人

 ・お互いの才能を必要とし、お互いのビジネスに貢献できる人


企業間取引も、助け合いチーム、共存するためのチームだなと私は思います。


誰かに一方的に依存するのではなく、

支えあい、助け合えるチームをたくさん作れば、

リーダーが限界をつけていることが、

どんどんなくなってくると思います。

リーダーシップをとるということは、

楽しくて、わくわくすることすることなのだと思うと、

苦手だったり、苦しいなと思うことにも、挑戦できるような気がします。


関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。