スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダアップデート ~ ホームページの内容が重要な時代

ホームページをお持ちのみなさまは、
GoogleやYahooの検索順位は気になりますよね。

自社のホームページもそうですが、ライバル会社の順位も気になると思います。

検索エンジンで上位に表示させる施策を「検索エンジン最適化(SEO)」といいます。

YahooはGoogleの検索エンジンを採用しているので、
実質、Googleのガイドラインに沿って、検索エンジン最適化を行います。

Googleは、検索フレーズを使って検索した人に、できるだけ質のよいホームページを紹介するのが使命。
そのために、検索のしくみ(アルゴリズム)を定期的に変更しています。

検索順位に大きな変化があったときは、
Googleのアップデートが行われているときと、考えてもよいと思います。

いま、注目されているのは、「パンダアップデート」と呼ばれるもの。

おもに、ホームページの内容を評価するしくみで、

下記のようなホームページの順位は下がります。

・信頼性の低いホームページ
・他のホームページをコピーしただけのホームページ
・オリジナルの文章があまりないホームページ
・情報量が少ないホームページ
・広告ばかりのホームページ

逆に言うと、検索されたいキーワードを含む、
そのホームページオリジナルの文章を掲載し、
こまめにページを増やしているホームページの評価が高くなるということです。

メーカーから仕入れた商品を掲載する場合でも、
メーカーの商品紹介をコピーして終わらせるのではなく、
独自の視点で文章を追加する必要があります。

ホームページの命は文章です

「どうせ、文章なんて読まないんだから、たくさん文章を入れても無駄」

と思ってはいけません。

人間が読まなくても、Googleの検索ロボットはちゃんと巡回しています。

あまり興味がない読者は読まなくても、関心があり購買意欲が高い読者は読みます。

興味を持っていない人、興味を持ってくれる人、どちらの方にむけて、ホームページを作りますか?

もう、SEOのテクニックだけで順位を上げる時代は終わりました。

ホームページというのは、読者に情報を提供するためのツールですから、
内容によって順位が決まるというのは、本来の姿だと私は思います。

順位は上のほうがもちろんいいですが、
テクニックだけで順位が高いホームページは、人間にはあまり役に立たないのですから。

パンダアップデート
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。