スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webの仕事を分解してみる

Web会社の人間なのに、
私が会社経営、マーケティング、ライティングに力を入れようと思ったのはなぜか。

それは、ひとつのWebサイトを作るために、複数の担当者が関わるからです。
お客様を含め、いいチームを作らないと、いいWebサイトは作れないと思います。

ですから、Webの技術的なことはスタッフに任せ、
私はWebサイトを形にするまでの前段階の業務や、
Web運営に精通しようと思ったのです。

なかでも、ライティングができるということは大きな強みになっているようです。
ほかのWeb会社様から、お仕事をいただけることもあるからです。

では、Web制作にはどんな仕事があるのか、
WEBサクセスの場合を、ざっと紹介します。

※ ここに書いたのは、概要です。
  実際はそのときの条件などによって、異なります。

■ 初回打ち合わせ

ホームページからのお問い合わせメール、電話、ご紹介、出会いはいろいろあります。
まずは、お客様と話して、希望を伺います。

■ ご提案、見積もり

お客様との打ち合わせの結果をもとに、
こんなWebサイトはいかがですか?という提案書を作り、
構築のための見積もりをします。

このときに、ご予算を伺って、
ご予算内でどのように作るかという話をすることもあります。
この段階で、Webデザイン案を作ることもあります。

やりとりは一回で終わることもありますし、
何度も話し合いをすることもあります。

お客様との打ち合わせ、企画・見積、スケジュール管理は、
Webプロデューサの仕事。私もこの仕事をしています。

サーバーのご契約をされていない場合は、
サーバー選定のお手伝いや、契約の代行もさせていただいております。

■ 設計・構築

費用やスケジュールなどにご納得いただけたら、
実際に発注となります。

デザイナーとコンセプトを詰めて、お客様に提案。
この間、企画をもう一度見直して、本当に必要な情報は何か精査して、
Webサイトの設計を完成させます。
この仕事は、Webサイトの出来を左右するので重要です。

デザインが決まったら、HTMLコーディングと言って、
Webサイトを作っていきます。
デザイナーが自分でコーディングすることもありますし、
HTMLコーディングに精通したほかのスタッフが担当することもあります。

資料や写真はお客様に準備していただくことが多いのですが、
資料をもとに、弊社で文章を書くこともあります。

私はライターでもあるので、自分の担当している案件の場合は
私がライティングを担当します。
SEO(検索エンジン最適化)対策のために、
お客様の文章を手直しさせていただくこともあります。

■ 校正

いったん出来上がったホームページを、
お客様に確認していただきます。

この間に、社内でもすべてのページを読み直してチェックしたり、
どのWebブラウザでもきちんと見えるようにチェックをします。

■最終確認 公開

お客様に確認いただけたら、内部でもう一度確認して、
公開します。

本番環境にホームページをアップロードしたら、
リンク切れになったなどの問題が発生することもあるので、
公開直後が一番緊張するかもしれません。

この段階で、いったん制作は終了します。

(プログラム開発するときは、もっと工数が増えます)

でも、ホームページの運営はここからが本番です。

できれば、末永くお付き合いさせていただき、
ホームページをより効果的に運営していただきたいと
思っています。

私たちは、アクセス状況を解析して、
Web運用のコンサルサービスを提供しているのもこのような理由からです。

このほか、SEO専門サービスをご利用いただいた場合は、
SEOの施策をしたり、リスティング広告の管理もしています。

さらに、Webサイトのよさをみなさまに知っていただきたい、
Webを徹底的に活用していただきたいという想いで、
「Web活用塾」というセミナーを定期的に開催しています。

Webサイトに関連して、何か聞きたいこと、
困ったことがあれば、いつでもお気軽にご連絡くださいね!

WEBサクセス公式サイト
http://www.websuccess.jp/
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。