スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、私はWebを作るのか

「Webってすごいな」

「Webは絶対に中小企業の味方だ」


わたしは、そう確信しているから、
Webを作ったり、ブログやfacebookのよさをお伝えしたり、
メルマガでお客様とコンタクトを取りましょうと
おススメしています。

なぜ、確信しているのか。

それは、何度か書きましたが、Webを活用することで、
私の営業範囲が大幅に広がったからです。

マニュアルを書いていた時代、

北海道内で仕事がない。どうしよう。

と困ったことがありました。

そなにときに、Webとブログで営業する方法を学びました。

もともと、ライター業をしていましたから、文章を書くことは苦じゃないし、
手紙や日記を書くことは大好きでしたから、
熱心に取り組みました。

そうしたら、東京や大阪の開発会社から、
マニュアルの発注をいただけたんです。

ブログの書き方や、ブログを使った人間関係の構築法を学んだら、
営業があまり得意じゃなかった私でも、新しい仕事を獲得できた

これはすごいことです。

さらに、ブログを書いていることで、
お客様のほうから連絡をくださることも増えたんです。

「仕事をください」と自分からいうのではなく、
「こんな仕事はできますか?」と聞かれるようになりました。

値段やスケジュールの交渉はありますが、
「はい」と答えたら、お仕事がくる。
この威力に感動しました。

さらに、「どうやって仕事を見つけているの?」という質問に、
「Web とブログを使っている」と答えていたら、
Web制作の仕事をいただけるようになりました。

ブログを書いて情報発信するうちに、
人脈が広がって、
さらに、自分の仕事の幅も広がっていきました。


この間、私は個人的な事情もあり、
あまり、異業種交流会や懇親会など、
いわゆる潜在的なお客様との出会いの場にあまり参加していませんでした。

それでも、業態変革に結びつくような転換ができたのです。

その頃の私は、今よりずっと見ている世界が狭かったので、
自分のやっていることは、他社の方々も知っていると思っていました。

ところが、そうではなかったのです。

知り合う社長さんたちは、仕事がないと言いつつ、
ホームページにもブログにも懐疑的でした。

なんてもったいないんだろう。

私はそう思いました。

Webは経費がかかるけど、
ブログは無料のサービスがあります。

お客様とのコンタクトをとる方法としては、
はがきや、ニュースレターを作る方法もありますが、
経費がかかります。

その点、インターネットのサービスを利用すると、
自分ががんばれば、ほとんど無料で初回の商談ができるのです。

これを北海道の中小企業が使わないのはもったいない。

自分が眠っているときでも、
日本国中にいる潜在的なお客様と出会えるかもしれないのに。
それが不思議でした。

でもそのうちに、
まだその良さがわかっていないんだと気づきました。

だから、中小企業の経営者にWebのよさを伝えたい。
そう思いました。

もちろん、それで自分も食べていけるのではないかとも
思いました。


本格的にWeb制作をするようになって、
もうひとつ気づいたことがあります。

それは、Webはその企業の目標を達成する手段のひとつであり、
経営理念を反映した重要なものであるということです。

お客様はなぜWebを作りたいんだろう。
デザインのかっこいいWebがほしいわけじゃない。

それは、業績を伸ばしたいからだ。
では、なぜ業績を伸ばしたいのだろう。

それは、企業を未来永劫存続させるため。
存続するとしても、どうでもよいから続けたいわけじゃない。

定めた方向に進むように、会社を続けたいからだ。

Webはその想いを支えるひとつのツールなんだ。

そう気づいたら、

お客様の会社に貢献できるWebを作りたいと思うし、
さらに、貢献し続けるためにはどうしたらよいのか考えるようにもなりました。

それが、私にとっては大きな挑戦でもあり、
楽しいことなんです。

私が持っている知識、技術で、
ささやかかもしれないけれど、企業をバックアップできる。

そう考えて仕事をすると、心が燃えるんです

だから、私はせっせとWebを作っているのです。


仕事中

ひとりよがりにならないように、
でも大胆に、Webを提案したいと思っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。