スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッション・ピープルになる

なぜ、決めたことが実行できないのだろう。

経営指針研究会で勉強して一年。
やっと、経営理念ができて、経営方針を作って、経営計画までなんとか進みました。

でも、なんだか絵に描いたもちのような気がする。

悶々と悩んでいたときに、とあるメルマガで紹介されていた
本を読んでみました。

●ミッションからはじめよう

ミッションからはじめよう!ミッションからはじめよう!
(2012/03/26)
並木 裕太

商品詳細を見る


この本の「はじめに」にこんなことが書いてあります。

実際のビジネスの場面で大切なことは、

分析することでも整理することでもなく、

「実行」すること


当たり前のことだと思うのですが、
妙に納得しました。

全力を尽くしてがんばりますとかいう精神論も

うちの会社はこんな強みがありますという分析も

大事なことには変わらないけれど、

そもそも実行しなければ、何も起こりません。

実行できないのは、その意味がわからないからであり、

そもそも何のためにするのか、つまりミッション(使命、志)が

きちんと確認できていないからですね。

この本は、ミッションの作り方について丁寧に説明されています。

経営理念を浸透させるには、どうしたらいいかなぁと悩んでいる私には、
下記の文章が励みになりました。

(戦略)を実行するには、強い意志と、周りの人を巻き込む力、
徹底する力が必要です。新しい戦略には、必ず、抵抗が起こるからです。

なんであれ、人は新しいことを恐れます。面倒がります。


これは、私が悪いんだとか、実行できない人が悪いという思考ではなく、
こんなものなのだととらえたほうが、精神衛生上よいですね

こんな状況に心が折れそうになるときに、
支えになるのがミッション。

つまり、経営においては、経営理念。
何のために、経営をするのかということなのか。

心がすっと軽くなりました。

この本に書かれているように、

戦略を描いて、周囲を巻き込み、決めたこと実行し、
ミッションを形にするスキルを身につけたいと思います。


ミッションコーン

写真は87ページに掲載されている、「ミッションコーン」の図です。

一番下にエビデンス(証拠)があり、機能的なメリットと感情的なメリットを
シンプルにまとめて、ひとことで表現するのがミッションということになるそうです。

各部署の責任者や、個人のレベルで使える方法だなと思います。

関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。