スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報を届けたい人に届けるには

こんにちは! WEBサクセスの白藤です。

7月31日は、久しぶりに派遣でセミナー講師をしました!

今回はのセミナーは、
社会福祉協議会様の「平成24年度全道社協職員研究協議会」の講義の1コマでした。

どうしたら、わかりやすいホームページになるのか

これがテーマです。

私は、わかりやすくて、使いやすいホームページにするためには、

読者を意識する必要があると思います。

読者を意識するとは何か。

それは、どんな人に、どんな情報を届けたいのか分析して、

その情報をわかりやすく分類して、文章にするということだと思います。

お客様にお役立ちのサービスや商品は、

トップページから、お金を払うメリットを教えてあげることが大事です。

自社都合で情報分類しているか、お客様の目線で情報分類をしているかは、

同じテーマのホームページをたくさんみることでわかってきます。

参考になるホームページをどんどん見て研究しましょう。

みなさんの会社や団体でホームページを作るときに、

「読者」を意識していますか?

=====
当日は10時30分からのセミナーだったのですが、

余裕があるならば、その前の社協職員の実践発表に来てくださいということでした。

興味があったので、参加させていただいたら、、、

小野市社会福祉協議会様の「ウィングレッド」のお話を聞けました。

社協の活動をPRしたいという想いから、誕生したキャラクターだそうです。

http://www.ono-shakyo.or.jp/wingredtoha.htm



会場はウィングレッドで盛り上がりました~
あとに続く講師としては、やりにくいかも (^^ゞ

セミナー

今回のセミナーで実践したワークのひとつです。

自分事情で情報を分類せず、読者事情で情報を分類するためには、
利用者の声や悩みなどを集めてみるとよいですよ。

どうしたら、わかりやすくなるのか、そこに答えがあると思います。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。