スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟を決めてことにあたると、周囲は変わる

女性経営者にとって、男性の同僚、幹部、社員との関係を築くのは
難しいときがあると思います。

なぜなら、この世の中、まだまだ男性優位であることには間違いなく、
男性の目線で社会が動いているので、女性というだけで二番手と
意識的、または無意識にみなされることがあるからです。

※これは、男性がそう思うと同時に、女性もそのように受け取っているから、
 そういう社会通念になります。
 どちらかが同意していなければ、そういう社会にならないと思います。

私は女性経営者のはしくれとして、
男性社員とよい関係を築くにはどうしたらよいのかと
常々考えています。

本日は、その答えのヒントとなるお話を、女性経営者の方から伺うことができました。

それは、同友会の経営指針実践研究会で、
そうした男性優位の社会の中で、女性経営者として会社経営に携わってきた、
株式会社井上技研 専務取締役 犬嶋由香里さんのお話です。

犬嶋専務は、建設業の中で
女性初」に
なることが多かったそうです。

ですから、ご苦労も多く、いろいろ闘ってきたことに感動しました。

いろいろな女性の先輩たちが、ご自分たちのいたい場所であきらめずに戦ってきたことは、
いまの私たちの働く環境につながっていると思います。
そして、同性のモデルがいらっしゃるということは、
私もできるのではないかという、すごい勇気を与えてくれると思っています。

私は、犬嶋専務のお話のあと、

「男性の社員との関係の中で、どのように経営されてきたのか」という質問をさせていただきました。

その答えは、

「やるんだと覚悟する」「一生懸命やる」

このふたつ。

そうすると、社員はちゃんと見ている。

本気度が伝わると、周囲も変わってきたそうです。

「やる気」「根気」「元気」は大切です。


こう話す犬嶋さんは、とてもかっこよかったです

覚悟を決めてことにあたると、周囲は変わってくるのだなと思いました。

そして、道を切り拓いてきた女性の先輩の方々には、
とても感謝をしています。
先輩の苦労があったからこそ、私たちはその道を風当りが少なく歩けている
ことは確かですから。

でも、だからと言って、女性がよくて、男性が悪いとも
思っていないのですよ。
男女差があることは認識しつつ、
でも、対等にお互いに協力していくのが理想です。
関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。