スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のない中小企業は、コツコツ主義で圧倒的になる

私のテニスのスタイルは、「しつこく拾う」タイプ。

技術や体格では負けても、根性では負けない

言ってみれば、しつこい、いやなヤツなのでございます。

ですが、コツコツと拾いまくっても、

決定打を持っていないと、ただボールをつないでいるだけになってしまい、

結局、強打されてしまうという結果になるのですね

だけれども、つないでつないでじわじわと相手を追い詰めて、

コートの外に出すような状況を作っておくと、

相手を吹き飛ばすような勢いのボールを打てなくても、

決めのボールを打ち込むことができます。


なぜ、このような話をしているかと言いますと、

インターネットを使った販促も同じではないかと思うからです。

私のイメージでは、

注目を集められるマスコミ系の広報を「決定打」、

地道に情報を更新していくのがとにかくボールを拾いまくる

感じです。

経費をかけずに、PRをしたいと思ったら、

とにかく情報を積み上げていく。

自分の業界で検索されているキーワードなら、

どんな検索のされ方でも、必ず自社のホームページやブログなどが

上位にくるのが理想です。

このときも、お金を払ってSEO対策サービスを利用すれば、

いっきに上位にいくこともできます。

ですが、競争が激化しているキーワードでない限り、

自力でがんばります。

※ 経費はかけずに、時間をかける。
  とくに経営者ならば、寝る時間を削ってでも更新する意気込みです。


このような理想的な状況を作ってから、

お客様が見ている媒体に、ばーんと広告を打つなどしてみると、

圧倒的になれると思うのですね。

いまは、興味を持ったら必ず検索される時代ですから。

そのときに、情報が十分にあることが、お客様をホームページで説得し、

行動を起こしてもらうことにつながるのです。

これが逆だと、目立ったはいいけれど、検索してもヒットしないとか、

検索されたけど、情報が不十分でお客様が行動を起こせないという結果になりかねません。

これでは、かけた費用がもったいないと思うのです。


検索エンジンの上位にくるまで待ってられないという場合でも、

出来る限り情報をホームページなどに掲載しておいてから、

広告から誘導するということが大事だと思うのです。


「情報発信をする。それも継続的に、大量に」

これが、インターネットにおいては、キーワードだと私は思っています。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。