スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページは文章が命

しばれる日が続く札幌です。
※ (とても寒い日が続く)

でも、日は確実に長くなり、お日さまも明るくなってきて、
確実に、春はそこまで来ていると感じられる今日この頃です。

さて、Web活用塾の二回目は、「ワークショップ」形式で
文章表現術を学びます。

インターネットの世界は、文章の世界と言ってもよいと思います。

自社のことも、サービスや商品も基本は文章で説明します。

もちろん、イラストや写真も重要な伝達要素ですが、
肝心なことは、言葉にしないと伝わらないと思います。

ですから、Web活用塾では2時間たっぷりと、自分と自社を表現するための

文章を書く時間を取ります。

自社の強みが見込み顧客に伝わらなければ、意味がないですよね。

活用塾蝦名先生

Web活用塾、2日目の講師も蝦名が担当しました。

この回は、演習課題が12個あって、それぞれに文章を書いていただきます。

とくに、SWOT分析、ポジショニングマップ、

自社の商品やサービスの付加価値、ストーリーを文章化することに時間をかけます。

今回はご欠席の方もいらして、人数が少なかったので、

生徒さんに文章を発表していただき、

重要な点をホワイトボードに書き出してみました。

活用塾 文章ワークショップ

そうして、みんなで話を聞いて思ったことを聞き、

こういったところを強みとして表現したらいいのではないかという討論をしました。

講師を担当しないときは、私はみなさんと一緒に課題に取り組みます。

毎回、自分の会社のサービスや強みを考えるよい機会になっています。

今回も、ホームページに取り入れたいことが思い浮かび、

テキストにメモしました。

自分自身の強み・弱み、自社の強み・弱みは定期的に見直して、

文章にしてみると、いろいろ整理できてよいですよ。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。