スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽プロジェクト始動

「白藤さん、小樽に住もうプロジェクトを計画していてね、

 広報で仲間になってもらえないかしら?」

12月のとある日、補償セミナリーの中野むつみさんから電話をいただきました。

小樽の北海道中小企業家同友会の建物を見たときに、
小樽の空き家になっている建物を残すことはできないだろうかとひらめいたそうです。

空き家をリフォームして住めるようにし、
小樽の魅力をPRすることができたら、
人口減になっている小樽市に人を呼ぶことができるかもしれない。

それで、行動を始めたというのです。

あまりにも、楽しそうに話す中野さんのパワーに感動し、

メンバーになることに決めました!

でも、小樽という街は、私はまだよく理解していません。

中野さんが惹かれ、小樽をこよなく愛する方々の気持ちを理解するためには、

勉強が必要です。


今回は小樽雪あかりの路のイベントにあわせて、小樽の街を歩き、

現地で打ち合わせするために、小樽に行ってきました。


南小樽駅

南小樽駅で待ち合わせをして、

まずは、おそばやさんでランチです!

お蕎麦屋さん

堪能

このお店は、古い建物を改造していらっしゃるようです。
中も素敵でした。

このあと、小樽在住のスタッフの方と、今後の進め方を確認。
私たちが活動を始めたことを、
少しずつでも発信しようということになりました。

発信の方法は、今後の検討課題です。

打ち合わせのあとは、小樽雪あかりの路を見学してきました。

小樽運河

メイン会場の小樽運河です。

写真では見えづらいですが、運河にもキャンドルが浮かんでいます。

倉庫の屋根から下がるつららが、北海道らしいですね。

ハート

テーマは、ハートなのでしょうか。
かわいいハートがたくさんありましたよ。

同友会

こちらは、「ひらめいた」という同友会の事務所が入居している建物です。

私も見てみたかったのです。

雰囲気がありますね。

かわいい

最高気温マイナス5度、雪が降りしきる中での散策でした。

今回は、観光という視点で街を歩いてみました。

今度は住むという視点で、ゆっくりと街を歩いてみたいと思います。

関連記事
Category: 営業日誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。