スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お魚のたくさんいる池に釣り糸をたらそう ~ 第16期Web活用塾 第1回目終了

厳しい寒さが続いている札幌です。
外を歩くと、足の先がじんじんしてきます。

久しぶりに、北海道の寒さを感じる冬とも言えます。

そんな寒い季節ですが、
Web活用塾は、熱い!

第16期がスタートしました。

セミナールーム

今回の会場は、株式会社正文舎のセミナールームです。
参加の方が少なめなこと、女性が多いので、
よりアットホームな雰囲気作りを目指してみました。

※ 体格の関係で、男性が多いとちょっと狭い感じがするお部屋なのです。

トラブルが発生

今回の講師は蝦名。
おやっ、開始前にトラブルが発生した模様。ちょっとあわてています。

トラブルも無事解決し、セミナー開講です!

今回の最初のキーワードは、「昔はよかった

WEBサクセスでも経験していることですが、
設立当時は、ホームページを開いて、ブログをまめに更新していると、
有利だったのですね。

まだ、ブログを書いている人がそれほど多くなかったからです。

これで、仕事の問い合わせをいろいろいただいていました。


が、

インターネットを流れる情報量は爆発的に増え、

mixi、twitter、facebookなど、さまざまなソーシャルメディアのツールが登場している現在、

ホームページとブログだけでは、なかなか情報を届けたい人に届けることが難しくなってきました。

そこで、ホームページにお客様に来てもらい、説得する方法を考えるわけです。

次のキーワードは、「お魚のたくさんいる池に、釣り糸をたらす」。

いろいろなソーシャルメディアがあって、何を使ったらいいのかさっぱりわからない。

こんなお悩みありませんか?

インターネットでできる集客はすべてできればよいのですが、
本業もあるので、なかなか手が回りません。

そんなときは、お客様のことを考えましょう。

あなたのお客様はどこにいますか?

あなたのお客様が好んで使うメディアは何ですか?

そのメディアを使うのが、一番情報が届くのではないかと思います。

たとえば、、、

facebookを利用者は、
日本では30代~40代で、ビジネスを中心としている方が多いのです。

そんなfacebookに、赤ちゃんとお母さんのための情報を流しても、
メインとなるお客様には情報が届かないかもしれません。
赤ちゃんのいるお母さんたちの集まりには、あまり利用されないからですね。

それよりも、もっと若い年代が集い、趣味の集まりも多い、
mixiの方が赤ちゃんを育てているお母さんに会える確率が高いと言えます。

このように、自分たちのお客様はどこにいるのか考えて、
Web集客のツールを選ぶとよいですよ。

さて、お客様が集まっても、ホームページの内容がよくないと、
なかなか成約に結び付きません。

ホームページ集客の肝です

テキストは、いかに成約率を上げるかという説明をしているページです。
お客様との関係作り大切にしていますか?

説得の三要素

最後は、どんな商談でも必要な「説得」についての説明です。

お客様に提案して、よいと思っていただいて、
買うと決めてもらう一連の過程を考えることが、ホームページにも必要なのです。

写真の図は、「説得の三要素」を示したものです。
詳しくは、WEBサクセス クロスメディアコミュニケーションサイトに掲載していますので、
あわせて、お読みくださいね。

説得の三要素とは
http://www.xmediacom.jp/index.php/jpn/strategy/elements

次回は、2月14日(火) 18時30分~
ホームページの「命」とも言える、文章について学びます。

ワークショップ形式で、どんどん課題がでます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。