スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバーの動機付けに四苦八苦

会社の大ピンチのときに、
半ば強引にビジネスブログを立ち上げた私。

しばらくは、蝦名と交代で記事を書いておりました。

そして、1年が過ぎたころ...

ブログがきっかけで、仕事を獲得したのです!!
初めての成功体験~~♪♪

この頃、私ははがき営業のセミナーにも出席していて、
とにかく、続けることの大切さを何度も・何度も聞いていたのでした。

こうして、自分に刷り込みを行い、
成果も出てきたので、
ブログを書くのが楽しくなってきました。

生来、文章が書くのが大好きなことと、
子どもの頃は文通も大好きだったということも
プラスに働きました。

こうして、ある程度ブログを結果が出始めると、
人にも勧めたくなります。

また、仕事が忙しくなったので、
部署のメンバーで交代で書いてもらいたいと
思うようになりました。

会社や自宅にいて、人間関係が構築できるブログと言うツール。
こんなにいいものはないと、私は思っていたのですね。

ところが、

この思いが通じない

二人で書いても人脈が広がり、
契約をいただけたのだから、
みんなでやれば、もっと広がるという考えを話しても、

ブログに“穴”があいてしまうのです。

書こうと思ったけれど、書けない。
苦痛だ。

orz。

新たな壁です。

それでも、営業をしなければ、会社が続かないのです。

しかも、ブログを書けない人ほど、
外にも出ないという図式も見えてきて....

確かに、絶対にブログを書かなきゃいけないものでもない。
書きたくないなら、書かなくてもいい。

私の提案が受け入れられないなら、
逆に、営業する方法を提案してほしい。

そんなことを話つつ、
ブログ当番が記事を書いていないと、
どうして書かないのか、ずっと言い続けていました。

そして、
絶対に私は穴をあけない。
半分、意地になって記事を更新していたことがあります。

本日配信された、ランチェスター経営 竹田先生のメルマガに、
小さな会社で新しいことを遂行しようとしたら、
社長が中心になって行うのは当然という内容の文章がありました。

本当にそのとおりだと私は思うのです。

誰かが必死にやらないと、
誰もやらない。

ブログがここまで続いているのは、
やっぱり、ブログがいいと思って、
自分だけは書き続けようと決めていたことだと思うのです。

だから、誰も書かないと嘆いている場合ではないのです。

自分がよいと思って始めたことは、
たったひとりでも、やり続けると決めない限り、
誰もやらないのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。