スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成果とは、優れた才能ではなく、愚直な継続 ~Facebook格言より

Facebookの活用法BOTというfacebookページを読んでいたら、

成果とは、優れた才能ではなく、愚直な継続

という格言がありました。

【Facebook格言 其ノ三十三】

Facebookの活用法BOT
http://www.facebook.com/tipsFB

この言葉いいなぁと思います。

「自分は、○○の才能がないから」

「必勝パターンがあればやるけど」

こう言って、やりたいことをやらないのはもったいないですね。

「継続は力なり。やってみなきゃわからない」

こう決めて、まずは始めてみる気持ちが必要だと思うのです。

私のミッションは、

・ホームページ戦略は経営戦略。

・インターネットは中小企業の武器。

この2つのことを、中小企業の経営者の方々に理解していただくことと、

勝手に決めております。

ですから、Web集客にかかわるツールは戦術として、使いこなす必要があります。

成果とは、優れた才能ではなく、愚直な継続」の実践モデルになれるよう

努力していきます。


さてさて、Webを集客ツールとして使いたい場合、文章を書かなければなりません。

なぜなら、Webは、読んでいる人にこの商品・サービス、この会社がいいと思ってもらい、

問い合わせや購入などの行動を起こしてもらうツールです。

行動を起こしてもらうためには、説得が必要です。

説得するには、次の3つの要素が必要です。

1. 説明(判断するには十分な説明が必要です)

2. 信用 (この会社大丈夫か?お客様は疑います)

3. 共感(人の心が動くのは、これはいいと何か共有できるものがあったから)

この3つの要素を満たすためには、写真や画像も大事ですが、
何よりも、読んでもらう文章が必要です。

ホームページは人間に加え、検索エンジンのロボットにも巡回してもらって、
このサイトは有益だと判断してもらう必要があるので、
紙媒体よりも、文章情報というのは重要なのです。

ミッションを果たすため、このことをくり返しお話しさせていただきますが、

苦手とか時間がかかるのでおっくうと思う方が多いですね。

実際、Web集客コンサルをしても、

文章の部分で止まってしまうことも多いのです。

ならば

というわけで、現在開講中の第15期のWeb活用塾では、

商品・サービスの分析、強みの分析、お客様の分析などなど、
文章を徹底的に考えていただく時間を作ってみました。

テキストはこんな感じです。

第15期Web活用塾テキスト1&2

文章を考えてみましょうとお話しさせていただき、

講義中

頭を抱えながら、必死に考えてくださっています。

悩み中

今回初めての試みで、

私たちもまだまだ改良すべきカリキュラムだと思います。

Webではこのような視点の情報が必要という意味で、

駆け足で考えていただいたので、「時間が短かった」という感想をいただきました。

プロのライターでも、文章を書くのにいろいろ悩みます。

ですから、まずは体験していただき、ご自分のWebにはこのような視点があるのか

チェックしていただきたかったのですね。

文章も地道に書いていれば、だんだん慣れてきます。

また、3日坊主をたくさん続ければ、3日坊主ではなくなります。

文章のうまい・下手に注目するよりも、

書く内容と順番を考えると、お客様に伝わる文章になると思います。

Webで必要なのは、文章として売れるものではなく、
お客様とのコミュニケーションです。

弁が立つ人だけがいい人間関係を作れるわけではないですよね。
だから、文章が上手な人だけがWeb集客で成功するわけではないと思っています。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。