スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になっていることは、話し合う

みんなはどう考えているのだろう。

仕事をしていて、このように感じることはありませんか?

私はそのようなときには、すぐに聞いてみることが大事なのではないかなと思います。

個人的な問題でなければ、みんなが集まる会議の場で、

参加する全員から話を聞けるといいと思うのです。


会議とは、本来は何かを決定したり、議論する場だと思いますが、

ときには、お互いの考えを聞くだけの時間もあってよいかなと思います。


今日は、月に一回のWEBサクセスの幹部会議でした。

会議の最後に、自社の研究開発案件の進行状況と、

何を優先していくべきか、みんなはどう思うか聞いてみました。


なぜ聞いたのかと言いますと、

お客様からいただく仕事がどうしても優先になるので、

自社の研究開発はどうしても遅れがちになります。


ですが、お互いが業務の内容を把握していないと、

遅れがちになるのがストレスになったり、

把握の仕方でどうしても認識の違いが出てしまいます。


物事を決定する前に、

まずはみんながどう考えているのか聞く場をもって、

だいたいの考えがわかったら、次の場で決めるべきテーマを持ち寄り、

具体的なスケジュールに落とし込んだほうが、仕事がしやすいのではないか。

この頃はそう思います。


夢のような計画書を作って、

会議では精神論でがんばろうと気合が入り、

結局、日常業務に追われて、半分も達成できず、スタッフの雰囲気も悪い。


こんなことにならないように、

ときどき、経営者とか幹部という立場の差はなく、

平等な立場で、お互いの考えを聞きあう時間が必要だと思うのです。

聞いてみて、考えがわかると、ほっとすることも多いですしね。


今日は、開発の優先順位などは、みんな同じように考えていて、

でも、すべて優先のような気がして、何から始めようか不安になっていると

いうことがわかりました。

経営トップもいたので、トップとしてどう考えるのかも聞き、

では、こんな方向で具体的な計画を立てようというところまで

みんなの認識は一致しました。

ここまででも、いい話し合いができたと思っています。

関連記事
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。