スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期限を決める

うまく回っているプロジェクト、なかなかうまく進まないプロジェクト。

何が違うのか考えてみました。


■数字の管理

納期を守る、時間を守る、約束を守る。

当たり前のことですが、うまく進まないプロジェクトは、
なかなか当たり前のことができていないように思います。

根底にあるのは、数字で物事を把握しないことにあるように思います。

いつまでに結論を出すとか、何をいつまでにするとか、
目標売り上げは、○○円とか、数字で物事を管理しないで進めると、
達成度がわかり、調整もしやすくなります。


■責任の所在

責任の所在を明確にしておき、責任者となった人は何に対して責任を持つのか
きちんと把握しておくと、問題が発生しても放置されないと思います。

でも、自分の担当外のことでも、関心をもっていることも必要です。
お互いの連携で、仕事は進めていくのですから。

プロジェクトに関わっている人全員が、
自分がこのプロジェクトの一員であるという自覚を持つと、
責任者同士の連帯や、責任者ではない人たちとのチームワークが育つように思います。

このような雰囲気をはやく作れたときは、気持ちよく仕事ができますね。


■コミュニケーション

一番難しいと私が感じていることです。

言葉が足りないと、なかなか理解しあえないし、
多すぎると、かえって周囲のやる気を削いでしまいます。

バランスをとることは、なかなか難しい。

また、理解しようとお互いに耳を傾けなければ、
コミュニケーションは成立しません。

コミュニケーションがうまくいけば、
上記のふたつは、それほど意識しなくても、
うまく仕事は進んでいくと思います。


なかなか難しいのですが、
実行しやすい、数字の管理から取り組んでいこうと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。