スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由を考える

大雨の札幌です

最高気温も22~23度。ちょっと肌寒い。


お客様や上司から、

「これはどうなっていますか?」と質問される前に、

状況について情報を先出しして、きちんと説明する。

信頼されたいと思うなら、実行していくことと思っています。


最近、これができていないこともあり、猛反省しています。


連絡できなかったことには、できない理由が必ずあります。

それはなぜか考えて、どうしたら改善できるのか

立ち止まってみることが必要ですね。


あまり問題を起こしたくないという心理が働くと、

質問されたときに、

「申し訳ございません。すぐにやります!!」

とか、

「ちょっとばたばたしていて。すぐにやります!!」

とか、勢いで対応してしまいがち。

そして、自分もその勢いで対処して、原因を忘れてしまい、

また、同じようなことが起こる。

これでは、いつも何かに追われてバタバタしてしまうと思うのですよ。


ちょっと立ち止まって、今回の問題は何だったのか、

次回からはどうしたらよいのか、考えていく習慣をつけようと思います。


もうひとつ。

気をつけなければならないと思っていることは、

周囲の人たちができなかったときの対応。

問題があるのに、見ないふりをするのは、

無責任だと思うのです。

はやり、できなかった理由は明確にしておく必要があります。

でも、「なぜ?」とあまり聞くと、詰問になってしまうのだということを学びました。

「次は、どうしたらいいのか」という方向で質問するとよいそうです。

そして、自分が「なぜ」と聞かれた時は、

詰問をされているのではなく、状況を確認したいだけなんだということも

忘れないでおこうと思います。


やめる力やめる力
(2009/05/23)
マツダ ミヒロ

商品詳細を見る
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。