スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと気がついたこと

少しずつ、暖かくなってきた札幌です。

桜の花が、あちらこちらで咲いています。
もう少し楽しめるかもしれません。

桜

さて、先々週~先週は、

専門学校で、Webディレクタ科で授業をしていました。

お客様から依頼を受けたWebの企画をして、

プレゼンテーションをする過程をひととおり学ぶことが、

授業の目的です。

授業を通して、私も日々の業務で気がついたことがありました。


1. 進捗報告は自分のためにするものではない。

進捗報告は、上司やお客様のためにするもの。

相手から聞かれる前に、自分から報告することで、

安心してもらえるし、信頼も得られる。


2. たくさん失敗せよ。

グループごとに、いろいろなアイディアが出でいました。

そつなくこなすグループもあれば、

いろいろな問題が発生しているグループもありました。

問題が発生していると、一見だめな感じがしますが、

解決するなかで、学びや気づきがたくさんあると、

生徒さんを見ていて思いました。

うまくいくのも大事。でも、失敗することも必要。


果敢に挑戦する生徒さんを見て、やっとこの意味がわかった感じがしました。


そつなくこなして、小さなところで満足していたり、

失敗したり、責任を取るのが怖くて、なんとなく人の影に隠れてしまう。

ときどき、このパターンに陥ってしまう私で、

指摘されても、どこか理解できずにいました。


それが今回、先生という立場で見たときに、

はっきりと、わかったのです。

それが悪いこととは思わないけれど、人間的な面白みがないのですね。

大きな失敗をしたとしても、

それを糧に学ぼうとしている生徒さんを見ていて、

人間らしいなぁと思ったのです。


失敗を前提としてしまうのはよくありませんが、

間違わないように、間違わないようにしながらいると、

小さくまとまって、魅力ある仕事はできない。

そういうことに気がついた2週間でした。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。