スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックキャスティングと指示書

半日かけて、WEBサクセスの売り上げ&行動計画の見直しをしていました。

予定を組むことは、それほど難しいことではありませんが、
着実に実行することは、とても難しいことでもあります。

スタッフ会議では、

「時間がなくてなかなか、、、」

「スタッフがいればできるのだが、、、」

と、計画に対して、同じようなコメントが続くようになっており、

どうしたら、状況を改善できるのか、模索していました。

このままでは、日々の業務に追われ、

やったという満足感がなく、

やってない、足りないことばかり、注目してしまうことになります。


情報の整理、活用は、GTDを採用しようと画策していますが、

その前に、ビジョンが必要であることに気づきました。

そんなとき、枝廣淳子さんのことを思い出し、

以前、セミナーで購入した本を再度読み返しました。


細切れビジョンで、なんでもできる!―夢を実現する自分マネジメントシステム細切れビジョンで、なんでもできる!―夢を実現する自分マネジメントシステム
(2006/10)
枝廣 淳子

商品詳細を見る


ビジョンをもち、何のために計画を立て実行するのか確認し、

作業指示書のレベルにまで、行動計画を落とし込む必要があるのですね。

「バックキャスティング」という言葉は、

以前から知っていましたが、会社の事業計画にも使えると思いました。

ロケット開発にまつわる日米の違いが印象的です。

日本では、

「...改良を重ね、よりよいロケットを作ろうと思っている。
 そのなかで、いつかわれわれのロケットはつきに到達できる」と
話されており、

アメリカでは、

「1960年代の終わりまでに、月に行く」と、ケネディ大統領が1961年の議会で宣言しました。

この違いは大きいというのです。

p.69「とても無理!」なこともビジョンにできる
   バックキャスティングというアプローチ より


バックキャスティングで、ビジョンを作り、
行動計画を、指示書のレベルにまで細かくしていく。

また、お客様とのアポイントのほか、
自分へのアポイントも大事にする。

振り返りは必ずする。

当たり前のことができていなかったのは、
ビジョンがあいまいで、目的がはっきりしていなかったからだと
思います。

もう一度、ここから立て直し、

「忙しい中でも、ここまでできました」

「○○まで、進んでいます」

という、前向きな会議にしていきたいです。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。