スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納品の頃には、理解できるように

販売促進のお手伝いをするときに「重要だ」と考えていることは、

お客様の業界を理解することです。

もちろん、にわか勉強ですので、

お客様と同じ知識・技術を身につけることなどできません。

ですが、その業界について自分たちなりに下調べをします。


これは、通訳の方々が、学会や商談にあわせて専門用語を調べたり、

新聞記事を読むなどの準備をすることと、同じような作業だと思います。

取材ライターの方々が、

インタビューする方の経歴や記事などをひととおり調べることにも似ています。


私の場合は、お客様からいただける資料はとりあえずすべていただき、

何度か読んでみます。

そうすると、自分が理解するためには、どんなことが知りたいのかわかるので、

インターネットで検索するか、お客様に直接質問してみます。


案件によって、いろいろな進め方をしますので一概には言えないのですが。。。

納品する頃には、業界の流れや取り扱っている商品のことについて、

ひととおりは説明できるようになっていることが理想です。


「引き寄せの法則」は、本当にあるようで、

販促関連で仕事をさせていただいて業界のことがわかってくると、

その後、その業界に関連した引き合いがくるようです。


私の場合、気がつくと下記のテーマの話を多くいただくようになりました。

・大手企業に原料や技術を提供する中小の製造業

・住宅関連業

・蔵書検索システム関連(図書館)



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。