スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負の感情にひっぱられない

今日から12月です。

札幌は今週に入って、雪の寒い日が続いています。

先週の土曜日に、

自分の頭で考え、自分で決断して、前に進む

というテーマのクラスに参加してきました。

ビジネス講座みたいな題名なのですが、カウンセリングの考え方のお話です。

私は、この言葉がすごく好きです。

この世の中、あまりにもよく考えないで、

世間の常識だから、上司に言われたから、親に言われたらと、

自分の人生なのに、自動的に従っていることが多いなと思います。

だから、決断したように見えても苦しいし、

どこか自分でないような感じがしてしまう。

これは、実際には自分が決めていないから、納得しきれていないのだと私は思います。

講師の方は、自分が話していることは、自分が考えたことだから、

聞いている人は、これが正しい答えだと思わなくていいと言っていました。

この人はこのように言っているけれど、

自分はどう思うのか。自分ならばどう考えるのか。

必ず考えてほしいという話をされていました。

すごく、納得です。

もうひとつ、印象に残っていたのは、

みんな、あまりにも自分が悪くないということを証明しようとして、

言い訳、負の方向にエネルギーを使っているのではないかという話です。

自分自身を肯定的にとらえられたら、いい人だと常に証明し続けることに

エネルギーを費やさなくてもよくなる。

また、たとえ失敗したとしても、素直に失敗を受け入れ、あやまることもできるし、

そこから修正することもできるからということです。

そうだなと思います。

話のテーマとはちょっとそれるのですが、

負の感情にひっぱられない

という話を聞いてから、自分は負の方向に気をとられているなということに気が付きました。

この計画が進んでいないから、ストレスがたまるとか、

決めたことを実行していないのは問題だとか。。。

まぁ、事実はそうなのですが、

ではうまくするにはどうしたらよいかと、いい方向に物事を考えたり、

考えても仕方がないことは、そこですっぱり考えないことに決めたほうが健全ですね。

負の感情でどろどろになっているのも、

明るい方向で考えて楽しくなっているのも、

同じ時間を費やすなら。。。

私は明るく、楽しい未来を考えて、行動していきたい。


あの案件はここがこうだから、ああだから、もうっっ

と怒っているよりも、

クリスマスには、何ケーキを食べよっかなぁとにんまりしている方が、

心にも体にもよさそうです

そうやって、心を軽くしていたら、

言うべきこと、主張すべきこと、謝るべきことも、

素直にできると思うのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。