スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の味方は3人いればいいんだよ

10月15日の全道経営者“共育”研究集会から、

半月が過ぎました。

本日は、北海道中小企業家同友会 札幌支部の女性部会。

今晩のテーマは、研究集会の報告でした。

自分が参加した分科会の報告で、

1 参加した理由
2 報告者の報告で、印象に残った言葉や学んだことの紹介
3 自社や自分にどう活かしていきたいと思ったか

上記、3つを3分にまとめて報告しました。

今回の報告会で印象的なお話が2つありました。

ひとつは、

自分の味方は3人いればいいんだよ

という株式会社きのとや の長沼社長のお話。

新しい挑戦は、なかなか人には理解されないこともあるけれど、

自分の味方が3人いれば、いいというお話でした。


もうひとつは、

高齢社会の問題。

高齢社会はなんだか悪いというメッセージがあけれど、

人が長く生きて悪いことはない。

65歳で区切りをつけ、高齢者と呼ぶ社会が問題である。

高齢者が多い社会でも、地域が連携して健康に生きられれば

問題はあまりないというお話でした。

こういう発想はなかったので、いいなと思います。

高齢社会の話がでたからではないのですが、


健康体操のデモンストレーションもあって、いい感じになりました。

勉強して、身体も動かして、

頭が活性化された感じです

帰り道は、自宅が同じ方向の方とご一緒させていただきました。

女性部会の先輩の方で、役職が私と似ている方です。

日本の中小企業の場合は、女性が取締役というと、

男性経営者のご家族の方が多いのですが、
彼女も血縁ではない幹部の方でした。

それゆえ考えていることを伺って、

同じところで苦労されているのだと共感しました。

また、健康であること、

自分のコンディションを整えて余裕を作ること、

堂々と自分の意見を言えるようになること。

そんなお話をしながら、帰ってきました。

女性同士がつながっていることも、

非常に大事なことだと思います。

関連記事
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。