スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッターボックスできわどい球がきたとき、そのボールをちゃんと見逃せるか ~ 思考のダイエット

「どうすれば、いいアイディアを出せて、

 いいプレゼンテーションができて、

 お客様に満足していただけて、いい仕事ができるのか」


最近、追い求めているテーマです。

コンペだけでなく、制作案件でも執筆でも、セミナーでも

会社経営でも、いつも考えていることです。

そんな私が最近読んで「いい!」と思ったのは、

佐野研二郎さんの

今日から始める 思考のダイエット

(マガジンハウス)です。

今日から始める思考のダイエット今日から始める思考のダイエット
(2010/03/25)
佐野 研二郎

商品詳細を見る



「険しい時代を生き抜くための<考え方のダイエット本>」であり、

無駄をなくして、考え方のプロセスや時間管理を改めて見直すという本です。

佐野研二郎さんは、リスモや資生堂ザ・コラーゲンなどを手がけた

アートディレクターです。

佐野さんが日ごろ実行されている、思考法や時間管理の方法が書かれており、

私の仕事にも、参考になる記述がたくさんあります。

勉強になると思ったことをリストにしてみると、、、


1. リミットを決め

1日の仕事にも締切を決める。その時間以降は、仕事をしない。


2. 短く、早く

判断を素早くする。メールは短く、素早く返す。
※ これができるようになるには、判断のスキルを磨く。

3. 捨てる

よいアイディアが生まれたとき、振り出しに戻せるか。

仕事を受けるべきかどうか、きちんと判断できるか。

佐野さんは、仕事を受ける・受けないの判断ができるのも

クリエイティブなことだと書かれています。

そこで出てくる文章が、タイトルの文章。

バッターボックスできわどい球がきたとき、そのボールをちゃんと見逃せるか

この選択眼を磨くことが重要なのです。

この本を読んでいて思ったのは、「実業家」だなということです。

クリエーター、プログラマーなどという専門職は、

ビジネスの流れにのらず、自由にさせておくのがいいという考え方もありますが、

超一流のクリエーターさんたちは、

ビジネスの基本マナーを守るのは当然だし、

デザインしたものを論理的に表現できます。

それができているからこそ、超一流なのですね。

プレゼンの企画中の私は、

「幕の内弁当NG論」

「ボツ。1企画、最低10案。世の中に出るものの下には、100のボツが眠る」

「口を鍛える ~ 自信作であることをちゃんと伝えること」

「妄想力と行動力」

という数々の言葉に励まされながら、仕事をしております。


思考のダイエット

帯が付いている状態。

この表紙のレイアウト、非常に美しいと思います。

タイトルのバランスが美しい!

脳のイラストも、コピーもシンプルで、でも本質をちゃんと伝えています。

こんなきゅっと締まり、無駄のない仕事をしていきたいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

「キレイな部屋」というのも、見出しに出てきます。

来年度の経営計画を作っている私は

「きれいなオフィス」というのも、方針に加えました (^_^;)



関連記事
Category: 読書日記

コメント

この本、おもしろそう!

Sちゃん! 横手のIです! ご紹介の本、おもしろそうですねえ。AMAZONで発注してしましました。私にとっては、こういう視点、お花を教えている時やボランティアで地域の活動に関わっている時に、とても大切だと思うのです。また、情報提供、楽しみにしてます!

2010/10/28 (Thu) 20:17 | くるくんぴっころ #- | URL | 編集
くるくんぴっころさま

コメントありがとうございます。

「思考のダイエット」、いかがでしたか?
読んでい勇気がわいてくるほんだなと思っています。

2010/10/30 (Sat) 19:04 | しらふじ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。