スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボタンの色も慎重に選ぶ

ずらっと並んだお問い合わせフォームへリンクするボタンは、

デザインが同じで色違い。

さて、あなたなら何色を選びますか?


お問い合わせボタン

この画面は「取り放題.com」様のページをキャプチャーさせていただきました。
http://toriho-dai.com/inq/inq8.html


取り放題.com

フリー素材「取り放題.com」
フリー素材「「取り放題.com」トップ > このサイトについて


自分のWebサイトだから、好きな色を選びたい。

クールなサイトに仕上げたいから、ここは黒で。。。

いろいろな意見があると思います。


でも、ここは慎重に決めましょう。

「色」はクリック率に影響するからです。


人に注目をしてもらいたい場所には、「誘目性(ゆうもくせい)」の高い色を使うこと。

これがホームページの鉄則だと、私は思っています。


誘目性とは、色が人の注意を引きつける度合いをいいます。

背景が白の場合は、大雑把にいうと暖色系の方が注意をひきつける度合いが高いといわれています。

また、同じ色でも、彩度が高いほうが目立ちます。

ですので、

ボタンの色は明るい暖色系の色、

明るいオレンジを使うことが多いです。



なぜなら、

アクセス解析をして主力ページからお問い合わせフォームへの誘導ができていない場合、

ページの最下部に、オレンジ色の横長ボタンを配置する

このような施策で、ボタンのクリック率が改善する事例が弊社では多いからです。

アクセス解析をすると、改善の状況がわかります。

======

もちろん、ボタンをオレンジ色にしたら、クリック率が上がるというわけではありません。

ほかの要素も関係してくるので、

アクセス解析をしながら、調整していくことが重要です。


ちなみに、Firefoxのサイトでダウンロードボタンのクリック率の高かった色は、
緑色だったそうです。

●Firefox is Green
http://blog.mozilla.com/metrics/2009/06/19/firefox-is-green/

色の世界は複雑。
一口に緑とかオレンジと言っても、さまざまなバリエーションがあります。

Firefoxのブログ記事を見る限り、

文字の色は緑に見えますが、ボタンの色は黄色に近い色に見えます。

(と書きましたが、私の家のノートパソコンの結果です
 会社のデスクトップのパソコンでは、黄緑に見えます)

ですから、オレンジがいい、緑がいいと単純に判断しないほうがよいと思っているのです。

======

いずれにしても、クリック率を改善するためのシンプルで効果のある手段は

ボタンの色を変えること。

誘目性の高い色を選ぶことを意識して、調整してみてください。

そして、しつこいのですが調整するときは必ずアクセス解析ツールを組み込んで、

クリック率を測定してくださいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。