スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物書きモード

ライターモード全開の白藤です

私がほかのライターさんに聞いてみたいことのひとつは、

インタビュー時に録音した音源を、あとですべて聞き直しているかどうか。

私は音源を聞きながら、おもな内容をワードに入力しています。

英語のディクテーションのような感じです。

その原稿を読み直して、ポイントとなる話をピックアップしていき、記事を書いています。

聞き取りには時間がかかるので、効率のよい方法ではないかもしれませんね。

でも、今のところ私には、この方法があっていると思うのです。

ここで悩みがひとつ。

話し言葉に引きずられて、文章が全体的に口語になりがち (~_~;)

文章が軽くなってしまうのです。

文章を書き終わったときは、「書けた~」と

ほっとしているので、口語文章を見逃してしまいがち。。。

そのあと、一息ついてから冷静な頭で考えて、

書き言葉に直しています。

たとえば、

ちょくちょく

  ↓

折にふれ

とか。

切羽詰まっているときは、社内校正にも同時に出すので、

原稿が真っ赤になって戻ってきたりもします orz

メインの仕事がマニュアル書きの時代から、

赤が入ることで、どんどん原稿の品質がよくなると思っていますが、

自分に嫌気が差すこともあります。

でも、この仕事が終わった頃には、新しいノウハウが身に付くんだよと

自分にしっかり言い聞かせ、せっせと原稿を直します。

未来を想像してわくわくしながら、

仕事をするほうが、数倍楽しいですから。

今日は一回目の締め切りをぎりぎりクリアできました。

金曜日の締め切りに向けて、ダッシュ~~
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。