スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業なくして、ブログなし

ビジネスブログの経験談を聞きたいという
お問い合わせをいただき、本日訪問していただきました。

とにかく、ホームページやブログを使えば、
営業マンがいなくても、仕事を得ることができる。


この先、営業マンがいなくて、私はどうやって
仕事をとっていこうか...
壁にぶつかったときに、出会ったこの言葉。
私は、その言葉を信じて、ブログを書き始めました。

そうして、少しずつ仕事がとれるようになりました。

このようにお話しすると、
ときどき、誤解されることがあります。

それは、ホームページやブログを使ったら、
営業はしなくてもいいと思われること。

そんなことはありません。

営業なくして、ブログなし。

私はそう思っています。

私たちも、飛び込み営業をしているわけではありませんが、
いろいろなところに出かけて、名刺交換をさせていただき、
仕事の話をしております。

制作者という立場なので、
仕事のPRをするために外に出かける時間は
営業専任の方に比べるとものすごく少ないです。
ですので、そのハンデを補うために、
ブログを使っています。

それともうひとつ。
ブログを書けばいいというものでもないと思います。

きちんとターゲットとなる読者を想像して、
その人にむけたメッセージを書いていく必要があります。

神田昌典さんのメルマガで、
「ダイレクトメールは、お客様を思い浮かべで、
語りかけるように書く」という文章を読みました。

ブログもこの考え方があてはまると思います。

ビジネスで書くブログは、
 ・見込み顧客の獲得
 ・既存顧客のフォロー

のためのものだと思います。

そうしたら、
ブログに書くことがない とか、
食べたもの、行ったことのあるところ

ネタばかり書くということはしませんね。

「リアル営業をしているときと同じ感覚。」

ビジネスブログの成功のコツは、ここにあるのではないか
そのように考える今日この頃です。

誰も営業に行くことに反対しないし、
必要だと思っているのに、

ブログには反対する人が多いのは、
本来の目的が見えていないことだし、
ブログにできることに人件費をかけている。

そう考えると、もったいない話ですね。
関連記事
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。