スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者の目をもつ

ホームページ企画・制作をしていて
ときどき思うことは...

本当にターゲットとしている読者が必要なことだろうかと
いうこと。

私はいわゆるホームページ制作代行業者ですから、
お客様の望まれるホームページを作ることが
最大のミッション!!

ですが、たまに
本当に対象としている方々が望むかなぁと
ふと思う場面になることがあります。

そんなときは、
第三者の目と、客観的な判断力と、自信が必要。

客観的に判断できるようになるには、
いろいろな人の心を大切にすることが必要なのかなと
この頃は思います。

判断の基準が自分の中だけでは、
非常に狭いところしか見ていない。
けれども、他人の目を頼りすぎるのも、
結局考えはまとまらないし、行動の原動力にはなりません。

あくまでもやわらかく、
「こんな展開の方法もありますよ。」
とか
「これはどうしてでしょう」
など、質問と提案ができるようになりたいと思っています。

いろいろインタビューさせていただいたあと、
お客様が最終的に望まれることに対しては、
積極的に対処していきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。