スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高波にも負けず、いるかに会いに行く

7月10日・11日は、制作スタッフは社員旅行で、

室蘭に出かけておりました。


今年のメインイベントは、

「くじら・いるかウォッチング」と、写真コンテストでした。


くじらを見るのを楽しみに、貸し切りバスに乗りました~♪♪


※ 室蘭のお客様から、
 「くじらはなかなか見れないよー」。といわれておりましたが、
  いるかじゃなく、くじらがみたい白藤でした。



室蘭の名物は、「やきとり丼」。

お昼に堪能いたしました。


その後、船酔いに備えてよい止めを飲み、

なんだかふらふらになり、眠気に襲われつつ、

「オルカ号」に、乗船したのでした。


オルカ号 出航


オルカ号の船尾から撮影した海の様子。


船は地球岬を回り、沖へと出て行きます。


「いるかは、鳥がたくさんいる場所にいます」

という放送を聞きつつ、波の揺れで半分眠っておりました。


いるかはなかなかいない。。。

いるか観察中

いるかを必死に探す、
Webマーケター 蝦名と、デザイナー 橋本です。


「いるかがいました~」という放送が流れ、

キャビンから出て、しばらくはいるかの群れをかわいいと言いつつ、

楽しんでみていました。


ですが、、、


そのうち、高波が出てきて、船は揺れに揺れ~

潮をかぶりと大変なことに。

写真撮影も、いるかも楽しむことも放棄 (^_^;)


そのうち、「最初から、こんな波だったら出航しなかった」という状態になりました。


高波が発生しており、くじらを見るのはとうてい無理だそうです。

なぜならば、くじらがいそうなところにきたら、

10分くらいは待っていないといけないのですが、

その間に船が流されてしまうような状況だったのです。


「いるかはもういいよー、くじらが見たいよー。」

という私に、

デザイナーの橋本は、

「いるかで、ここは我慢してください」

と叫んでおりました。


船が港に戻ろうとする頃、ちょうどいるかのお食事スポットをとおりかかり、

いるかがぴょんぴょん跳ねているシーンに遭遇しました。

船を追いかけてくるいるかも、すぐそばで見られてよかったですよ。

(もう少し、波が穏やかであれば)



出展するからには、豪華景品をもらいたいとひそかに思っていた私、

ひまをみつけては、写真を撮影していました。


バスの中でみつけたエジプトなど、、、

あやしげなものもあります。

バスの中のエジプト


どれもいまいち(-_-;)


ですが、、、


1番最初に、ユーモア賞狙いで撮影したこの写真が

なんと、総合三位に入賞し、

商品券をいただきました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「きれい処」 総合三位


タイトルは、「きれい処」でございます。


スタッフの写真だったら、何らかの高得点をつけないとならないでしょう。。。

というクレームがつきそうですが、、、

アイディアがよかったということで、

ご了承くださいませ。

ちなみに、彼女たちは「A」「B」「D」の人文字を再現しようとしております。
関連記事
Theme: 今日の出来事 | Genre: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。