スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらなければ生き残れない ~ 経営者が選択した道とは

ゲネプロまでしてのぞんだセミナーが7月7日に終わりました。

初挑戦したテーマは

100社取材したライターが語る

業態変革のツボ
」です。

そもそもホームページ制作会社の人間である私が、

なぜに、「業態変革」というテーマで話をしたのかといいますと、

話は一昨年にまで戻ります。


私が今年の冬中、ほとんどの時間を費やして作っていたのが、

業態変革実践プラン ―業態変革への挑戦 100選―

というガイドブックで、

全日本印刷工業組合連合会と全国青年印刷人協議会から発刊されました。

日本全国の業態変革に取り組んでいる100社様を取材して、

その取り組みについて紹介するこのガイドブックは、

全日本印刷工業組合連合会と全国青年印刷人協議会の、

平成20-21年度事業のひとつでした。

弊社の岸が全国青年印刷人協議会の副議長で、

この冊子のディレクターだったのです。

「全国にある100社をどうやって取材したらよいかを考えて。

予算が厳しいから、実際に行くことは無理。

その土地のライターさんに書いてもらうのでは、

テイストが違ってくるので難しいとも記者に言われたんだよね」

こういう話を平成20年に岸からされました。


取材用のヒアリングシートを作ってはどうだろう。

ヒアリングシートにできるだけ情報を書いてもらい、

参考資料もできるだけもらったら、事実確認程度の電話取材で原稿を書けるのでは

という考えを話したら、このガイドブックを担当させてもらうことになったのです。

いろいろな意味で挑戦することが多かったこのお仕事。

大変なこともありましたが、たくさんの方に励ましていただき、

また素敵な出会いもあって、私にとっては一生忘れられない仕事になりました。

===============

さてさて、100選の原稿の校正を終え、ほっとしていたある日、

「神奈川からセミナーの依頼がきたよ。実際に取材したライターの声が聞きたいんだって。」

と岸から電話がありました。

「えっ

しかもテーマは、「業態変革のツボ」、、、

原稿を担当したけれども、「つぼ」など話せないよ、、、

Webセミナーのお話ならば、すぐに引き受ける私ですが、

今回は自分でいいのか躊躇してしまったのです。


ですが、私にいただいているお話。

迷うならば、挑戦したほうが前進できると思い直し、

講師をすることに決めました。

自分で作ったセミナーのサブタイトルは、

変わらなければ生き残れない ~ 経営者が選択した道とは」。

社会が変わる中で、自分を信じて道を切り拓いてきた経営者の方々を

私の視点でご紹介させていただくことにしました。


(という事情があったので、岸と特訓をしていたのでした)


こうして、7月7日の午前中、私は緊張しつつも札幌から横浜へと向かったのでした。

かながわ県民センター

会場のかながわ県民センターです。

ここに着くまでは、ちょっと緊張していました。

講師が着いていなければ、しゃれにならないので。


業態変革セミナー(1)

自己紹介中です。

今回は、神奈川県印刷工業組合様のセミナー。

たぶん出席されたみなさまは、なぜにホームページ屋が印刷工業組合で、

業態変革の話をしているのか疑問だろうと思いましたので、

最初に私の経歴をお話することにしました。

業態変革セミナー(2)

新卒でマニュアルライターになったときは、

印刷会社さんと一緒に、マニュアル作りに奮闘していたこと。

印刷の基本は、このとき印刷会社さんに教えていただいたことを話しました。

また、正文舎印刷の岸とつながりができたのは、

札幌のある印刷会社の社長さんが企画したブログセミナーでした。

自己紹介のあとは、ガイドブック企画の背景と、

取材の方法、何を考えて企画・執筆・編集をしていたのかを紹介。

そして、メインテーマである業態変革の事例に進みます。

業態変革の事例では、ガイドブックに掲載されている101社のうち、

とくに印象に残っている10社様の事例をお話させていただきました。

原稿にはできなかったけれど、

印象に残っている社長さんの話も盛り込みたいと考えて

シナリオを作っていました。

できるだけ臨場感をもってと思って、話をさせていただきました。


私がはじめてWebセミナーの講師をしたときに参加していただいた

印刷会社の社長様も、このセミナーに参加されており、

「上手になったね。今回は安心して聞いていられたよ。」

と、終わった後にうれしい言葉をかけてくださいました。

挑戦してよかったと思った瞬間でした。


また、業態変革セミナーを企画した社長様に感謝しているのです。

私に貴重なチャンスをくださったこと、

それはある意味勇気が必要だったと思うのです。

===================================-

ごほうび 冷麺

セミナーを終えたあとの懇親会会場で、

リクエストした冷麺が食べられて満足

ありがとうございました。


関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。