スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問する、聴く、伝え返すのサイクルを大切に

北海道中小企業家同友会 札幌支部「経営指針委員会」の勉強会に参加してきました。

「相手を本当に援助するというのはどういうことなのか
 ~そのスタンスとスキルを身につける~」

という勉強会のテーマに惹かれて、参加を決めました。

経営指針委員会でよく聞かれることは、

経営理念を作り、指針を作って社員に伝えたつもりでも、

理解されていなかったということです。

つまり、自分の考えが、相手に伝わっていないということなのですね。

会社経営のことでなくても、伝えたつもり、言ったつもりでも、

相手は理解していなかったということがあります。

どうしたら、うまくコミュニケーションができるのか

ヒントをつかみたいと思い、参加しました。

今回の勉強会の目的は、コーチングの技術を応用して「聴くこと」と「質問すること」の力をつけること。

「開かれた質問」と「閉ざされた質問」の違いから始まり、

「聴く」技術、よかった話の受け答え、よくなかった話の受け答え、自己信頼を高める方法を

ゲームを取り入れながら学びました!

ゲームは奥底にある自分の心理がわかるようで、おもしろかったですよ。

たとえば、「動物ゲーム」では、

「どんな動物になりたいですか?」と「その理由は?」という質問を五回くりかえしました。

私は、、、

1. ネコ   自由気ままだから
2. ゾウ   自分より小さな動物がいないことを体験したい
3. キリン  高いところから見下ろしたい
4. さる   木から木にジャンプしてみたい
5. とり   空を自由に飛びたい

となっておりまして、、、

この質問と答えは、本当は自分はこうありたいと思っている姿だそうです。

私の場合は、

どれだけ自由になりたいと思っているんだ!」という結果になりました。


よかったこと、いやだったことを聞いているときは、

今、この人は一生懸命話をしてくれているが、

なぜ一生懸命に話してくれたか、何を大事にしている人なのか、

ということを意識して聞くといいそうです。

話の中には、

本人が気が付いていないダイヤモンドのようにきらきらしているもの、

その人が大切にしている価値観が、必ず現れるからだそうです。

そのときは、

まず「よかったですね」「がっかりでしたね」とまずは気持ちを受け止めるということが

ポイントです。

一番心に残り、一番難しいなと思ったのは、「ほめるということ」。

これは、自己信頼を高めるために必要だそうです。

部下の中でも、自己信頼の高い人は、
何とかなると自分を信じているので、ミスなどもはやく報告してくれるそうです。

一方、自己信頼の低い人は、
間違いをすると頭が真っ白になるので、ミスをいつまでも隠してしまう傾向にあり、
それが大きな事故につながることもあるそうです。
みんなが助けてくれるという安心感がなかなかもてないからだそうです。

では、自己信頼を高めるにはどうしたらよいかというと、

こつこつがんばることと、

ほめられること だそうです。

こつこつがんばってきたことは、今の自分を支えている実績。
でも、それが自己信頼につながるには時間がかかります。

ほめてもらうことの効果は高く、一瞬で自己信頼が高くなるそうです。

ですので、人をほめるということが、人をサポートするときのポイントにもなります。

ほめるポイントは、三つあります。

1. 小さなことを心からほめる

2. 当たりものことをあえてほめる

3. 人知れずがんばっていることをほめる

3は本当に効果があるとのこと。

なぜなら、人はがんばってがんばって普通に見えるから。

たとえば、介護で睡眠時間が少なくて疲れているけれど、

それでも会社に来ているということは、

会社に普通にくることをがんばってしているから。

それに気づいてほめることが、深い信頼につながるそうです。


ほめるということは、なかなか難しいことと私個人は思っています。

本当にその人のことを見ていないと、どうも作っている感じになってしまいますし、

そもそも自分がよい状態でないと、人をほめる余裕がない。

そんな自分の小ささがいやになったりします。

また、ほめられることに慣れていない人は、「いえいえ自分なんて」と謙遜して、

せっかく心からほめられているのに、自分から否定してほめられていることに

気づいていないこともあります。


ほめることがコミュニケーションを図るのに大事なことだと学んだので、

明日からチャレンジしてみます。


============
自己信頼を高めて、自分の好きな道を切り開いていってほしいのは

やっぱり、わが子。

なので、家の近くにある自転車修理のお店をインターネットで検索し、

無料出張サービスの会社を見つけた娘に言ってみました。

「本当によいお店を、よくみつけたね。えらい。」

少しは娘の自己信頼につながったかなぁ(笑)




関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。