スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点

札幌の東部は、大雪に見舞われました。

いつもの道が雪で埋まっています。

そうして、目の前には雪山が、、、

大雪のあとで

豪雪地帯で育った私は、こういう雪山を見るとわくわくしてしまうのです。

こうでなければ、冬じゃない

でも、大人になると単純に雪だと喜んでもいられず、

道路が安全に使えるように、雪はねが必要なのでした。

明日は、筋肉痛の方が続出かもしれません。


====================


大雪を見ると、生まれ育った街を思い出します。

小さな街の閉塞感が苦手だった私。

街にいては、職業の選択肢が少ないというのも不満でした。

先生か公務員ではつまらない。もっと違うことをしたい。

そんなとき、雑誌で私の興味にぴったりあう大学をみつけました。

親が強固に反対しても、模試では不合格圏内ばかりという状況でも、

その大学に行くという想いは、全然変わりませんでした。

それは今でも不思議です。

最近は、このときに何ひとつあきらめずに自分の想いを突き通したことが、

今の私の原点ではないかと思います。

強固な反対があったとはいえ資金は援助してくれたので、

勉強に専念できるという恵まれた環境にいたことは確かです。

でも、飛行機も宿も自分で予約し、

東京の地理案内を一度も会ったことがないペンフレンドに頼み、

塾が近くにないので自分で勉強方法を考えと、

私が行動し続けたからこそ、親の態度も変わったという側面もあるのです。

資金力もなく、情報もあまり持っていなかった18歳の私が

自分で考え行動して、夢をひとつ叶えたのだから、

今の私が目標に向って行動するのに、何も怖いことがない。

心の支えになっているのです。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。