スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑問を持つ・推測する

お客様にいかに満足していただく仕事をするか。

そのためには、疑問をもつ推察するという力が必要なのではないかと思います。


「ホームページを作ってください」


「はい。デザインはこれです」


ついつい、こういうやり取りになることが多いのですが、

これでは、期待した成果は上がらないと思うのです。


「ホームページを作る目的は何ですか?」

「何を期待していますか?」


このようなやりとりが前段にないと、

なんとなく、デザインのきれいなホームページが出来上がってしまいます。


ちょっと質問が多くて、うんざりされてしまうかもしれないのですが、

逆に、質問して喜ばれることも多いです。



周囲の方々をよくよく観察すると、


お客様から評価が高い、取引先から評価が高い人は、


ものすごく考えて、調査し、それから提案しているように思います。


なぜ、ものすごく考えて調査できるかというと、

やはり、疑問をもつ力と推察する力があるからだと思います。


「どうして、お客様はホームページを作りたいのかな?」


「これは、こういうことではないだろうか」


話を聞いて、このように思えると、

自分から調査をして、何がこの仕事に有効なのか考えることができます。

不明な点を明らかにして、質問もできます。



でも、疑問を持ったり、推測できなかったりすると、

自分がわかっているのか、わかっていないのかも、わからないまま仕事を進めがち。

そうすると、何らかの問題を抱えることになります。


時間がないから、受注金額が安いから、疲れているから、


言い訳はたくさんできますが、そういう誘惑に負けないで(?)

ひとつひとつの仕事に取り組みたいと思います。


もちろん、効率よく仕事をするというのも最大のテーマですが、


内部で「こいつバカだ」と思われても、


手を抜かないで仕事をする姿勢はいつも持っていたいです。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。