スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロとアマの垣根

昨年末から、企業の社長様を取材する仕事が続いています。

時代のニーズや技術の変化に対応できない企業は、

市場から撤退するしかない。

何とか踏みとどまろうと、試行錯誤しながら突き進む経営者のお話は、

非常に勉強になります。


ホームページも、印刷も、原稿執筆も、プロとアマの垣根があまりない仕事です。

垣根がどんどん低くなる中で、プロとして生き延びるにはどうしたらよいのか。

本日お話させていただいた社長さんは、

「お客さんができない。そう思うような付加価値を考えるんだよ。

 お客さんが思いつかないもの。できないと思うもの。

 そのときに、お金を払って仕事を発注してくださるから」

とおっしゃっていました。

奥深いお言葉でした。

いろいろとハードルも高い仕事なのですが、

限られた条件の中でも、その中の最高を追い求めて、

納品までがんばります。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。