スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりでできるSEO対策

SEO対策って、専門家じゃないとできないなぁと
思っていませんか?

本日、先週担当したセミナーのアンケート用紙を
みせていただきました。
SEO対策の話が役に立ったという意見が多く、
みなさん、かなり「検索エンジン」に関心があるのだなと
思いました。

まず、すぐにできることは、
検索されたいキーワードを絞り込むことです。
あれも、これもで検索されたいと思ってしまうのですが、
それではなかなか順位があがらないと思います。
キーワードの重要度が下がってしまうからですね。

また、ホームページの本文を読み直して、
キーワードに、同じ意味だけれども、
違う言葉を使っていないか調べてみましょう。

検索エンジンのロボットは、言葉の意味を解釈できません。
文字を記号として判断するだけなので、
キーワードは統一するのがコツです。

たとえば...

ホームページ、Webサイト、ウェブ、WEB

同じものを差していますよね。
どれを検索キーワードとして使うかは、
ターゲットとなる読者(顧客)、検索されている回数などに
あわせて決めるのです。

私の感覚では、
ホームページと呼ぶのは、ホームページ制作業界以外の方が
多いですね。
Webサイトと呼ぶのは、ホームページ制作の専門家が
多いのではないでしょうか?

WEBサクセスでは、
ホームページのことをご存じないお客様に、
ホームページのよさを伝え、実際に制作することが経営方針。

ですので、
ホームページという言葉を重要検索キーワードとして
使うという仮説を立てました。

その後は、アクセス解析をして、
その仮説どおりに検索されるかどうかをチェックして、
検索キーワードを調整していくといいですよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。