スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果を追い求めるならば

2009年も、本当にもう少しで終わりますね。

本日は夕方に実家に戻りました。

途中から吹雪になって、駅から実家まで歩いていたら雪まみれになってしまいました 

移動中に読んでいたのは、

今度取材させていただくことになっている方が、ブログで紹介されていたこの本です。

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
(2009/02/17)
佐々木 常夫

商品詳細を見る


ものを作る現場は、夜遅くまで作業していて、朝が遅くなりがちです。

以前は、ものつくりだから、ある程度は仕方がないと思っていたのです。

でも、最近はクリエーターは朝遅いという思い込みを排除してもよいかなと思うようになりました。

私たちの作るものは、通常のビジネスの時間帯に使用されるものです。

また、お客様との連絡も、通常のビジネスの時間帯でなければできません。


お客様の業界を知るためにも、

そして、仕事をスムースに進めるためにも、朝が遅く夜も遅いという状況を

仕方がないと思う、その気持ちを変えなければならないなと思います。


何よりも、自分の心と健康のためにも !!



アイディアがわかなかったり、なかなか思う形にできなかったりして、

時間がかかることは多々あります。

でも、それが当たり前になってはいけないなと思いました。

この仕事をこなすには、何時間くらい必要か、

そういう考え方を、クリエーターも取り入れていいのではないかと思います。


ただ、そうかといって、みんながんばれ、早く来て早く帰るんだと、

現在のシステムを変えないまま、精神論ばかり話しても解決できません。


どうしたらよいのかなと思っていたときに、

ブログでこの本を知りました。

どうしてもしなければならない仕事は、

自分にアポイントをとって、時間を確保するもの。

この文章に、納得です。

取材後に原稿を書く時間がとれない。

予定していても、メールや電話、上司や部下からの相談etcで、

どんどん予定の時間が過ぎていく、、、

こんなあせりが、部署内にはあったのです。


自分の時間は自分でしかコントロールできないのだから、

原稿を書くと決めたら、それを実行できるように自分にアポイントをとり、

それを実行する。

そういう姿勢がないと、時間にどんどん押されてしまうのだなと

つくづく反省しました。

お客様とのアポイント、社内打ち合わせの場合は、

その時間は別の用事は何も入れないですし、電話もメールもoffにしていますよね。

自分自身の仕事の時間もそうしてよいはず。



本では図解入りで説明されていたので、

新年最初の部内の会議でみんなにコピーを配ろうと思います。


今よりもよい結果を求めるならば、

今と同じことをしていてはだめなはず。


2010年を迎える前に、この本に出会えてよかったなぁと思いました 


=======

さて、お正月は、親孝行・娘孝行します。

「お母さん、英語の勉強一緒にして~」と言われて、

おぉ、母を必要としてくれるのかぁと、ちょっぴりうれしい私です。

関連記事
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。