スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日めくりアート2010北海道 ビジュアル決定 !!

10月31日(土)で締め切りました日めくりアート北海道2010への

たくさんのご応募ありがとうございました。

おかげさまで、約600点のご応募をいたただきまして、

無事、カレンダーを作成できます 

さてさて、

11月4日の夕方は、日めくりアート2010北海道プロジェクトの選考会でした。

つまり、2010年の日めくりカレンダーに使用する、365枚の作品を決定する日だったのです。

選考会に参加したのは、日めくりアートを企画し、今回の審査委員の4名。
ワビサビ様、SHIFT 大口様、正文舎印刷(WEBサクセス) 岸

そして、

カレンダー&Webサイト制作現場担当であり、かつ勉強のために参加した3名。
正文舎印刷 浦田、WEBサクセス 白藤 、橋本です。

束見本で、紙を選定中

カレンダーの束見本で、カレンダーの質感を確認する工藤ワビ様と中西サビ様。

今回は表紙の厚さが異なる2種類の束見本を用意しています。

写真では、厚い表紙と薄い表紙では、
どちらがカレンダーとして使用しやすいか確認しているのです。

## 束見本 ##
カレンダーの用紙や表紙を、実際の印刷の仕上がりと同じ用紙・ページ数で
製本した白紙のカレンダーの見本です。
束見本を作ることで、カレンダーのサイズ・厚さが正確にわかります。



カレンダーデザイン

こちらは、日めくりカレンダーの1日分のページのデザインです。

もちろん、ワビサビさんが作成されたものです。


審査が始まりました。

審査の様子

ご応募いただいた作品をすべてワードに貼り付けて、
連番を振った書類を見ながらの選考です。

審査の様子

小学生から60代の方まで幅広い年齢層のご応募があり、
かつ、オブジェを作成して撮影した写真、風景写真、建物のイラスト、漫画風なイラストなどなど、
年齢も作風もバラエティに富んでいました。

採用する作品を決定したところで一時休憩。
何月何日にどの作品を使用するかは、ワビサビ様に決めていただくことになりました。

選考会の後半は、今後の段取りについての打ち合わせでした。

まず、カレンダー制作までの段取りの確認。

カレンダーという性質上、本来ならば発売されていなければならないもの。

最短で何日にできるか、工程を詰めます。

そばで聞いていた私は、じつは内心どきどき。
日めくりアートのWebサイトは、いつカレンダー紹介ページに切り替える予定なのだろう、、、


恐る恐る

「公開は12月になりますか?」

と聞いてみたら、

「1月1日からだよ」

というお返事。


ほっとしたものの、


「アーティストのプロフィールを入れ、QRコードも印刷して、
 Webサイトのページにリンクするんですよね。」

と、にっこり工藤サビさんに笑いかけられた私。

ぴくっとなりました。

おや?

カレンダーにQRコード ・・・ 


「365個のQRコードは誰が作成?
QRコードでリンクということは、
 365ページ分の固定アドレスが必要...」

あれ?

QRコードは印刷??

いつまで?

頭の中は、超高速回転していました。

## 工程表は、9日に完成させなきゃ (ブログを書きつつ、再度あせる白藤)

リリーススケジュール

その後、SHIFT様とサイトの構造を話し合いと続きました。



そして、、、 大事な発売日です。

日めくりアート北海道2010日めくりカレンダーは、
11月下旬から販売する予定です。


定価は1500円(税込)です。

札幌市内のアンテナショップと、
SHIFT様のオンラインショップで販売する予定です。

WEBサクセスのスタッフに、声をかけていただいてもかまいません

詳しくは、またお知らせしますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。