スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓に悪い、、、 Yahooからのメール (^_^;)

世の中で検索されている回数の多いキーワード、

業界内でSEO対策に資金を投入するのが当たり前になっている、

競争の激しいキーワード。


こういうキーワードで、検索順位を上げていきたいと考えるならば、、、


いまは、Yahooカテゴリに登録することが必須と言われています。


●Yahooビジネスエクスプレス
http://business.yahoo.co.jp/bizx/


Yahooというサイト自体、アクセス数が多く、
検索エンジンの評価も高いサイトです。

このようなサイトから、自社のホームページにリンクがもらえるということは、

自社のホームページの評価も高くなるのです。



Yahooカテゴリの効果は、無視できません。


さて、Yahooカテゴリにはどのように登録するかといいますと、

上記のURLから申し込みをするのですね。


申請や審査結果のやりとりは、すべてWebサイトとメールで行われます。

申し込みはWebサイトから、

そして結果の通知は自分が登録したメールアドレス宛に届きます。


ここで、注意しなければならないのことがふたつ。


まずは自分のホームページが審査基準に合致しているか確認すること。


●審査基準
http://business.yahoo.co.jp/bizx/point/checklist/


審査基準を満たしていなければ、カテゴリには登録されません。


次に、申請時に支払う料金は、審査のために必要な料金であって、
登録料ではないこと。

つまり、審査に落ちても、支払った料金は戻ってこないのです。


ですから、Yahooの審査基準に合致しているか、
慎重にチェックしてから、申請を出す必要があると思うのです。


私はお客様の代行で申請を出すことが多く、

Yahooからのメールが届くたびに、ドキ・ドキします。


審査に落とされたらどうしよう、、、、



Yahooも優しいので、審査に適合しない場合は
その理由も書いてくれます。

そして、1回だけ再審査もしてくれます。

そのアドバイスに従って、ホームページを修正してから、
再審査の申請をします。


でも、、、、


再審査の受付は、メールが届いた日を含めて 30日以内。


30日を過ぎると受け付けてくれないので、

注意が必要です。



Yahooカテゴリに登録申請するときは、妙に真剣になる私。


Yahooから審査結果の通知がくると、


メールを開封するのに手が震え、、、、


「登録しました」

という文章を読んでは、

あぁ、無事に登録された、、、 とほっとするのでした。


審査について電話で相談できるといいのになぁと

つぶやいてみる、、、


こういう独占的なビジネスモデルの場合、

アナログの対応を望むのが無理なのでしょうか。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。